利和子さんの初マラソン
1990年 11月 25日

小春日和の11月25日、つくばマラソンに参加。 僕は本山さんの伴走。
利和子さんは初めての42.195kmだった。

本山さんは23分/5kmが予定のペース。 しかし、スタート直後の混雑が5km地点まで続き、24分近くかかってしまった。 5km以降、徐々にペースを取り返し、中間点を1時間36分、30km地点は2時間16分20秒と良いペース。 しかし、ラスト10kmはマメを作ったこともあってペースダウン。 ゴールタイムは3時間15分26秒(本山さんの自己ベスト)だった。

利和子さんは初マラソンを、なんと3時間58分台のいわゆるサブフォー!
しばらくは信じられず(なにしろこのときの僕は「まだまだ帰って来ない」と決め込んで、のんびり本山さんとソバを食べていたのでゴールの姿も見ていなかった)。 驚いた。 人間ってすごい。 どんどん変わるものなのだ 

12月2日は奥多摩渓谷駅伝。
こないだ秋留台トラックで10000mペース走を34分55秒で走れたので自信を取り戻した。 3分30秒/1000mのペース走だったが、結果的にタイムトライアルのような走りになっていた。 体調が良くなっている。 がんばれそうだ。

   利和子さんのコメントです ↓ 。

☆☆☆ 利和子さんの、つくば 初マラソン完走記 ☆☆☆

早朝4時に起きて朝食を済ませ子供たちの昼食を用意し、5時には夢でも見ているような3人の寝顔を見ながら家を出ました。 外は寒く、星がゆれているようでした。

河辺駅で本山さんと待ち合わせて政俊さんと3人で東京行きの電車に乗りました。
土浦に到着したのは8時半でした。 そこですぐタクシーに乗り込みましたが、そのタクシーのとばすこと、とばすこと、レーシングカーのゲームでもやっているような気分になっていたのでしょうか、かなりの飛ばし屋だったようです。

会場に着いても、なかなか緊張感がなくて、自分でもなんだか不思議なくらいでした。 でもスタート5分前になると、いよいよだ、さあ完走するぞ! という気持ちになってきました。

11:00、スタートです。
政俊さんには最初の10キロは55分くらいで行ければいいよと云われました。 ラッキーなことにS森さんと鶴岡100kmのコバジンさんが最初から最後まで一緒に走ってくれました。 5kmを26〜29分で35km地点までほんとに良いペースで走れました。

30km地点は、なんと2時間44分で通過することができました。
一番苦しかったのは残り4kmのところで、足が重くなり音がパタパタしてきたのが分かりました。 ここでピットインを食べました。 給水所にも全部寄り、2口くらいずつ飲み、スポンジも取り、頭から水をかけて塩でザラザラしている顔を拭いて、バナナを食べたり、飴玉を口に放り込んだりしました。

あと2kmという時には足が上がらなくなり、止まったらもう走れないなというところまで限界がきていました。 けれどS森さんとコバジンさんのおかげで完走することができました。 3時間58分56秒でした。 お二人にはほんとに無理のないペースメーカーになってもらえてうれしかったです。 励ましにも、ずいぶん元気付けられました。 有難うございました。

これで今年の大きな目標は終わりました。
次は新春マラソン。 川崎の30kmロードです。 去年は風邪をひいて熱もあり、やめましたが、今年は健康に気を付けて参加したいと思います。


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ