第17回新春マラソン
1990年 1月 14日

 川崎の新春マラソン(30kmロードレース)を走り、1時間47分34秒の夢のような自己ベストと10位入賞といううれしい結果だった。 昨年の皇居50kmで落ち込んだが奥多摩駅伝で浮上。 秋留台トラックでの5000m自己ベストでさらに空中まで浮上! 今もその絶好調が続いているようだ。

 朝、利和子さんはまた熱を出してしまった。 正月以来風邪で絶不調である。 結局利和子さんは出場を断念し、一人で出発する。 河辺駅でS森さんと会う。 やはり一人よりはいい。 長い電車の時間も喋り続けてなんとか過ごすことができた。 寒い。 ウオーミングアップに、いつもより多くの時間をかけた。

 10時30分、30kmの部がスタートした。 一人だけ飛び出し、そのあとに8人程の2位グループが形成された。 僕はそのすぐ後方につけて3位グループの先頭を引っ張る格好になった(折り返しまでは、このかたちで走った)。

 5kmを17分55秒で通過。 不思議なことに呼吸がらくで足もスムースに前へ出る。 10kmは35分55秒。 ペースはほとんど落ちていない。 まだ苦しくない。 いつもならこのペースは苦しくてたいへんなのになぜなんだろう。 15kmを53分30秒! なんと15kmの自己ベストだ! ペースは落ちるどころか上がっている。 折り返しでは集団がばらけて、ポツリポツリと人が来る。 そして復路ではM本さんやS森さんに声をかける。 「たんだいさんがんばれ」と声をかけてくれる人がいる。 その度に手を振って応える。 声援は力になる。 力にして吸収するのだ! 20km地点は1時間11分30秒。 まだペースは落ちない。

 25kmは1時間29分45秒。 20km → 30kmは18分15秒と落ちている。 しかし、ここで周りの人が「10位だよー」と教えてくれる。 この大会は僕の初レースでもあり、今年が10回目。 まだ一度も入賞はない。 もし10位に入ったら30kmロードレースでの初入賞ということになる。 がんばった。 ラストの5kmは17分49秒でクリアして自己ベストと入賞という二つの喜びを手にした。

 僕の身体(と心)にはあきらかに変化があらわれているようだ。 秋留台グランドの成果だと思う。 スタミナ一辺倒の僕にスピードを与えてくれた秋留台の仲間とN山先生に心からお礼を言いたい。


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ