1203.3km
1990年 4月 1 〜 30日

1日(日) 晴れ

いい天気! 8:39の青梅特快で代々木公園へ、伴走者が足りなくてスタートにちょっと手間取った。 今日は本山さんと10周(17.5キロ)。 走り込み(たった一人の走り込み大会)が始まったので、できるだけ長く走ることにする。 帰り、河辺のラーメン屋で本山さんと昼食。 そして、その足で河辺市民センターへ(第2回青梅若草RRC総会)。
夜、総会が終わってから33km。


2日(月) 雨のち曇り

朝5:00起床、5:30〜走った(12.5km)。 きつい。 やっと走った。 昨夜は寝たのが午前1:00。 鼻詰まりと鼻水でよく目がさめた。 眠い。 走りながら眠くなる。 昼休みは組合の集会で4kmのみ。 夜、御岳駅往復の24kmを走った。 つらかったー。 まだ2日目なのに、つらい! でも、やる気はなくならない。


4日(水) 晴れ時々曇り、時々雨、風強し

休暇をとって家族5人で映画『ドラえもん のび太とアニマル惑星』を観に行った。 いつも座れないので今日は8:00の電車で行って始まる前に入場、goodであった(10:00頃には超満員になっていた)。 映画はとてもいいもので、大人にも観てほしい内容であった。 自然破壊、核戦争で自分たちの星をぼろぼろにしていく愚かさを訴えていた。 裏山をくずしてゴルフ場を作る計画に、のび太のお母さんたちが建設反対の署名運動をして中止させるエピソードも良かった。 走りは早朝の12.5kmと夕方の33km。 下腹部の腹筋が痛い。 気になる。


7日(土) 曇り

昨夜の飲み過ぎで朝食のあとウツラウツラ。 結局走り始めたのは午前10:00。 疲れがひどく33kmに4時間もかかった。 そのあとあわててスーパーのコピー機で RUN RUN JOURNAL No.142〜145 をコピー。 例によってコピー用紙が無くなって店員にモンクを言って持ってきてもらい、なんとか秋留台グランドの練習会に間に合った。 夜12.5kmを走り、今月の通算走行距離は301.8km。 goodである。 


8日(日) 雨のち晴れ

忙しい忙しいと、ノイローゼ気味。 朝ちょっと寝坊したものだから走り始めたのが午前9:00。 午後1:00〜小学校で合唱クラブのお別れ会なので、また時間を気にしながらのつまんない走りになってしまった。 33kmを3時間50分。 そのあとで小学校へ。 机を運んだりして準備。 夕方5:00〜御岳駅まで往復。 夜、RUN RUN JOURNAL の配達へ。 疲れたー。


9日(月) 晴れ

ピンチである。 昼休み、ゆっくりしか走れずトボトボ走っていたのだが、それなのに右足アキレス腱が痛くなりだして、やっと帰ってきた。 午後からは歩いていても気になって、帰りは2.7kmをやっと走ったり歩いたり。 頭の右側に偏頭痛。 疲れがひどい。 やたら眠い。 今日は8.9kmしか走っていない。


11日(水) 晴れ

朝、昼と右アキレス腱はかなり良かったのだが、夜、本山さんと若草公園10周をしたら痛くなってきた。 まだ治っていない。 良くなってきてはいるが。 明日は治ってほしい。 あったまにきてビールを買ってきて飲んだ。 走り込みに赤信号である。


12日(木) 晴れ

右アキレス腱痛は階段を下りるとき以外は気にならなくなった。 昼休み、5.7kmをY口さんたちとハイペースで走ってみたが問題なし! 夜、33kmを4時間で走った。 走れた! うれしい。 しかし、夜10:00に帰ってきたら利和子さんは出掛けていて、子供たちが全員起きているものだから、どなりちらしてしまった。 このごろ本当に余裕がない。


14日(土) 曇り

朝9:00〜走り始めた。 33km、今日も4時間かかった。 帰ってきて利和子さんの作ってくれた弁当を食べて、RUN RUN JOURNAL No.146〜149 をコピーに行った。 原稿4枚×44部=176枚。 帰ってきて今日秋留台グランドに来る可能性のある人の分を封筒詰めし、出発。 秋留台ではトラックを中学生が貸し切りで使っていたため外周(750m?)でインターバル練習。 こんな状態の俺でもみんなに勝てた(Y田さんは別格で例外)。


15日(日) 曇りのち雨

待ち望んでいた"一日中走っていられる日"であった。 デイパックを背に午前10:30頃出発(実は8:00頃には準備OKだったのだが。 眠くてコタツでゴロゴロしていた)。 永山ハイキングコースでゼンマイやタラの芽を採ったりしながら48kmを走った。 タラの芽はだいぶ採られてしまっていたが、なんとか一食分くらいは採れた。 午後4:00頃から雨が本降りになってきて、おまけに冷雨で体がすっかり冷えてしまい、ガス欠も手伝ってフラフラになってしまった。 帰ったら利和子さんが風呂を沸かしておいてくれた。 感謝。 夜、RUN RUN JOURNAL の配達へ。


16日(月) 雨

仕事が定時間で終わらず、またイライラしていた。 夜7:00過ぎからウインドブレーカを着て走り始めるが、今日も雨で寒さが昨日よりももっと厳しい 今日は日向和田で折り返した。


18日(水) くもりのち雨

昼休み時間、インターバル練習にちょっとだけ付き合った。 K山さんが復活! 2周くらいずつ引っ張った。 夜は小雨の中、若草公園を38周。 はじめはみんないたが、最後は9:00を過ぎて誰もいなくなった。


19日(木) 晴れ時々曇り

あまりにも時間がほしい時間がとれない、とイライラしていたら、夜、なにもする気がなくなってしまった。 あまりお金がない状態が続くと欲しいものがなくなってしまう感覚に似ている。 昼休みは組合の集会で4.5kmしか走れず、帰りは仕事ですぐに帰れず、帰って走り始めたときには夜。 嫌になった。 疲れもひどいしでショートカット(日向和田で折り返してきた)。


22日(日) 晴れのち曇りのち雨

チーム『あじゃり』のトレーニングに参加し、大岳山折り返しを走った。 利和子さんに付き合って、ゆっくり走った(でも、御岳ケーブル下 → 上は18分49秒、good!)。 トータル4時間半。 利和子さんも山頂の登り口まで行ってきた。 すごい進歩である。 そのあと『あじゃり』の総会に参加(傍聴)。 そして、そのあと飲んできた。 帰りも走ってきた(雨の中)。 夜、RUN RUN JOURNAL No.150〜154 を書き上げてコピー。 そして宛名シールの作成、ハンコ押し、、今日は終わりそうにない。


23日(月) 曇り時々晴れ、時々雨

忙しい一日が終わった(今、午前1:30)。 朝、11km走って郵便局で記念切手を買ってから出社。 昼休みは7kmをハイペースで走り、夜に24kmを走った。 そして夜の10:00〜 RUN RUN JOURNAL No.150〜154 の封筒詰め。 ポストへの投函を完了したときには12:00を過ぎていた。 そのあと後回しになっていた手紙を書き終え、精神的にはらくになった。

25日(水) 晴れ

久しぶりにいい天気。 しかし、やたらと眠い。 昼休みには富士見グランドに行ったが、インターバル練習には参加せず、一人でのんびり走った。 夜も若草公園で28周(本山さんとは24周)でやめた。 もうあまりムキにならないことにする。 1100km以上であれば良しとしたい。 あと5日間を毎日30kmのペースでいけば良い。


27日(金) 晴れ

疲れたー。 昼休みは、T村、Y口、O武についていけなくて6.2kmコースへ。 夜、走り始めは力が出なくてフラフラ。 かなり不安だったが古里でパンを買って食べ、なんとか帰ってきた。 33kmに4時間30分もかかった。 今日で1041.2km、去年よりもハイペース。 うまく走れば(がんばれば)1200kmに届きそうである。 今日はちょっと下痢気味。 疲れている。


29日(日) 雨のち晴れのち雨のち晴れのち雨のち晴れ

変な天気であった。 朝は雨、のちカンカン照りの晴れ、そのあとは土砂降りの雨、また晴れたり、また降ってきたり、暑くなったり。 朝、食事のあと横になったら眠くて眠くて、スタートが午前11:00になってしまった。 坂道を含めての52km走。 雨が心配で、また時間も足りないので日原への折り返しは断念。 でも帰ってきてからそのまま12.5kmコースへ行き、さらにそのあと若草公園へ。 今日はつらかったー。 でも今日で1151.3km。 なんとか1200kmに届きそうだ!


30日(月) 晴れ

朝、やはり眠かったが我慢して10:00頃出発。 デイパックを背負ってランニング+αの一日を過ごした。 途中、東青梅で大福を2個買ってデイパックへ。 セリやイタドリを採りながらの52km走。 遊びながらの走りで帰ってきたら暗くなっていた。 帰りにケーキを買ってきた。 この一ヶ月、利和子さんにも子供たちにもずいぶんわがままを許してもらった。


振り返って 4月

1203.3km 走った。
何度かあきらめかけたが、走って良かった。
毎日40km平均で一ヶ月を過ごすという走りは、やってみたかった。
しかし、つらかった。

会社の仕事と、花粉症と、学校行事と、地域行事と、青梅若草RRCの活動と、そして家族サービス。 普段にも増して時間がほしいと思うことが多い一ヶ月であった。 走り込み時の走り方には二通りのかたちがあると思うが、今月は平均的に毎日毎日朝昼晩、時間を見つけて走っていくパターンの典型だったと思う。 以前、平日を少なくして休日に毎週100km以上を走るパターンで1000km超の走りをしたことがある(1987年10月)。 距離の最長をマークしたのは今月だったが、レースもこなし、翌月のレースも睨みながら効果的な走り込みができるという点では、この1987年10月のような走り(毎週一回100km以上)の方が有効と思っている。

  1987年10月( 計 1025km
日  月  火  水  木  金  土      備 考
            33  35  101
46   9  35  30   8  14  112   残業で思うように走れず
55  14  10  30  10  11   3   運動会1000m競走の調整
42  104  35  40  31   9  10   運動会の翌日休暇で104km走
120  10  21  23   8   9   7   翌週の20kmレースの調整

  1990年 4月( 計 1203.3km
日  月  火  水  木  金  土
50.5 43.2 46.7 45.5 34.7 34.2 47   学校に映画に忙しい!
57   8.9  8.4 18.6 41.4 42.7 43   花粉症とアキレス腱痛に悩む!
48  22.7 43  43.7 20.2 45.9 43   雨、雨、雨、心が疲れてきた
45  44.7 42.7 33.6 43.7 43.2 42.2  1200kmに向けてペースアップ
67.9 52                  連休で距離が延びる♪


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ