利和子さんが鶴岡へ
(マラニックの開催日は)1989年 5月 28日

山形県鶴岡市で1977年から開催されているマラニック(鶴岡100km Marathon Association が主催する集団走)に、利和子さんが参加しました。 この年のマラニックは13回目で、距離は61kmだったとのことです。 利和子さんは結婚後初めての一人旅。 もちろん鶴岡を訪れるのも初めてです。 三人の子供と一緒に家にいて主夫をした三日間の日記です。

5月 27日(土)晴れ

朝7時頃、利和子さんが鶴岡へ出発した。 さあ、主夫?としての三日間が始まった。 まず無事に一日目は終わった。 昼食は走った帰りにモスバーガーで(ハンバーガーを)買ってきた。 こういうものの方が残念ながら喜ばれる。 夜は味噌汁を作って、トンカツを買ってきてご飯にした。 また茶碗洗いをしなくては、、、 洗濯もたーいへん。 朝、すすいで干して、夕方もまた、学校から持ち帰った体育着などを洗濯して、それから上履きの洗濯。 ランニングは朝の30kmだけ。 つらかった。


5月 28日(日)晴れのち大雨

忙しい一日だった。 朝は6時頃に目が覚めてしまった。 子供たちにはパンで朝食。 そして7時15分頃から走り出した。 時間制限があるランニングは、やはりつらい。 でも昨日よりはいい。 少し強くなっている。 今日は変なことをやった。 左右別のシューズを履いて走った(右がNBコンプ505、左がNBコンプ600)。 色が同じなので気がつかなかった。 それでも今日は快走ができた。 シューズなんてこの程度のものなのかと、がっかりもする。
今日は自治協の総会があった。 末の娘だけ連れていった。 4時間は子供にとってつらかったようだが、なんとか終わった。 帰りにすごい雨。 駅前のシティハウスのビール売り場の若い店員が傘を貸してくれた。 うれしい。 夕食を作る元気はなくて、四人で銀河へ食べに行った。 茶碗洗いと洗濯だけは済ませた。
朝、利和子さんから電話があったとのこと。 さてどうだったのか、、、


5月 29日(月)晴れのち雨

朝、利和子さんから電話。 完走したとのこと。 はっきり言って難しいと思っていたので、すごくうれしい。 昼休み、富士登山競走の参加料振り込みと申込書の郵送のために郵便局へ。 振り込み窓口の行列で時間がかかって今日は4.5kmしか走れなかった。 夜、残業せずに帰って利和子さんを待った。 6時頃元気で帰ってきた。 すごくうれしそうだった。 行って良かったみたい。 口から出てくることは次から次へと楽しいことばかり。 良かった。


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ