4度目のチャレンジ皇居50キロ
1989年 11月 19日

 今日のチャレンジ皇居は完敗であった。 自分にも相手にも負けた。
 ワースト記録の3時間27分48秒、2位であった。 しかし、同じ2位でも雲取山タイムトライアルの2位とは全く次元の違う異質の2位である。 レースが続いて心も体も疲れてしまったようである。 僕が集中力を維持しながらレースに臨むことができる回数は3ヶ月に一回以下だろうと思う。 とにかく今日は自分が情けなくなるレースであった。

 スタート地点の桜田門前広場には8:00前に到着。 今回は一人、利和子さんも子供たちも学芸会でだめ。 S森さんもO武さんもエントリーしていない。 さびしい。 でも、秀香サンに会った! 相変わらずイキイキとしている。 少し元気になった。

 スペシャルドリンクを作ろうとして、ゆうべ作っておいたガス抜きコーラを忘れたことに気付き、スタート10分前になって、いつもやっている絆創膏貼り(胸)と石鹸塗りを忘れていることに気付いて、あわててベタベタ貼ったり塗ったりした。 おまけに、スタート間際に靴紐を締め直し始め、右足だけ締め直し、そのままスタートしてしまった。 3日前に風邪で熱を出したことも気の緩みから来ていると思う。 今回は、ことごとく変であった。

 スタートしてすぐ自分が飛び出して2周までトップを走った(これもいつもと違い、自信が無いときのパターンである)。 そして、前回とばしすぎていたD下さんが今年は、しっかりと僕の後ろについている。 30k(6周)までD下さんと並走、いろいろなことを二人で話しながら走った。 彼は走ることにひたむきな情熱を持っている好青年である。 7周目からD下さんのペースが上がり、僕のペースが落ちた。 ジリジリと離れ、そのうちに見えなくなってしまった。 闘志がまったくわいてこない。 体のだるさと諦め心がペースダウンをしっかりと認めてしまっている。 ゴールがとてつもなく遠く感じる時間であった。 U田さんが逆回りに走って応援してくれた。 しかし、もう僕はだめであった。

 ゴールして秀香サンとU田さんにグチをこぼした。 誰かに慰めてもらいたい気分であった。

 走り終えて表彰式の前にU田さんと日比谷通りまで東京国際女子マラソンの応援に行った。 宮原選手が苦しい表情で走って行く。 みんな凄い闘志で重い足を苦しい体を運んで行く。 また、自分が恥ずかしくなってきた。 しかし、気が付いたら「がんばれー」と叫んでいた。 淳子サンが来た! 大声で声援をおくった。 会場に帰ったら表彰式は終っていたが、山口文明さんがたった一人の表彰式をきちんとやってくださった。 しょげてはいたが、ちょっぴり嬉しかった。 途中で棄権しようかと何度も思ったが、やめないで走って本当に良かったと思う。 その後、U田さんに無理を言ってバイクに乗せてもらい、青山通りを突っ走り、国立競技場へ駆けつけた。 淳子サンの、素晴らしいゴールシーンをスタンドから見た。 また大声を張り上げてしまった。


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ