第2回雲取山タイムトライアル
(大会は)1988年 10月 23日

1988年 10月 15日(土)晴れ

久しぶりの土曜日の休日。 ゆっくり休むことができた。 朝食のあと、ひとねむり。 そして昼は若草小学校へ行ってライン引き。 帰ってから、また、ひとねむり。 夕方、走ろうかと思ったときは、すでに暗く、やめた。 今日はあまりウキウキも緊張もしていないが、いちおう準備だけしておいた(1000m走)。
山口さんから今年のチャレンジ皇居50キロ中止の連絡があった。 がっかりである(4000円送り返してくれた)。


1988年 10月 16日(日)晴れ

三団地合同運動会の1000m走で8連勝をした(今年は審判の手違いで1周余計に走って1180mになった)。 ひざの故障で火曜日から走っていなかったことが不安だったが、走ってみたらダントツの1位だった。 3周目あたりまで後ろに足音が聞こえたが、そのあとは消えた。 やはり、あきらめずに走ってみるものである。 ひざはまったく気にならなかったが、脚にドシンと疲労感を覚えた。 極端なトレーニングのせいだと思う。 夜、反省会には出たが7:00前に抜け出した。 はっきり言って、つきあっていられない。 今日は用度品係だった。 案外らくだった。


1988年 10月 17日(月)曇り、時々小雨

休暇をとった。 朝、まず若草小へ行って用度で借用した綱引き用の綱や玉入れやバトンやピストルの返却。 屋外の倉庫からなかの倉庫への移動だけであるが、今日は教頭先生ではなく若い先生が立ち合ってくれた。 そのあと9:30すぎからジョグ。 眠かったー。 山トレを意識して御岳山上までの往復とした。 タイムは全然良くなくてつらかったが、まあまあの走りであった(ケーブル下→御岳山上は28分38秒)。 ひざは大丈夫だったが筋肉痛がひどく、つらくて36キロしか走れなかった。 でも、今度の日曜日は雲取山タイムトライアルである。 このぐらいの方がいいと思う。


1988年 10月 18日(火)小雨、時々曇り

久しぶりに会社へ、そして、久しぶりに自分の机に戻った。 1ヶ月半もCADとにらめっこをしていたので、かなり全体の流れが見えなくなっている。 しかし、明日、明後日とまた出図が迫っている。
昼休み、久しぶりにハイペースで走った。 走れた。 みんなを振り切って帰ってきた。 調子が戻ってきたぞー。

昼食からカーボ制限開始。


1988年 10月 19日(水)晴れ

昼休み、1000m×3本のインターバル走。 久しぶりにうまく走れた。 3’18”、3’13”、3’19”とタイムもいい。 しかし、乾いた空気の中でがんばりすぎたので鼻をやられた。 午後からはクシャミと鼻水でつらかった。 夜は若草公園で19周ジョグ。 帰ってすぐに体重を量ったら62.5kg、まあまあである。 明日からはカーボローディングをするつもりである。 夜、鶴岡から100キロジャーナルが届いた。 また載せてくれている。 うれしくなってビール券を買ってきて送るべく、手紙を書いた。

カーボ制限は今日で終わり。


1988年 10月 20日(木)晴れ

月間走り込み大会のことは、ほとんど意識せず、23日の雲取山タイムトライアルのことを考えて気合いを入れている。 鼻の調子は昨日よりは良くなった。 昼休みはとばさず、ゆっくり。 Kさんと一緒になった。 話しながら走った。 帰りは2時間残業のあと、Hさんと一緒になった(彼は自転車)。

食べ始めた。 夕方の体重64kg。


1988年 10月 21日(金)晴れ

昨日、月間走り込み大会の2回目の報告書をまとめて、セブンイレブンでコピーしてから封筒に入れておいたものを朝、ポストへ。 そして夜、1時間残業で帰って走り込み大会の中間報告のコピーをみんなに走って配った。 Eさんの家まで8キロもあるので9:30を過ぎてしまった。
昼休みは組合の集会で走れず


1988年 10月 22日(土)晴れ

どうも、おなかの具合がいまいちスッキリしない。 食べ過ぎのせいか、、、 昼休みは5.7キロをゆっくりゆっくり走った。 重い。 全然スピードが出ない。 タイガーアローで走ったのだが、靴が硬いせいか、まったくうまく走れない。 食いだめは一昨日からしっかりやっている。 1日3回ゲータロード280かピットインを飲んでいる。 一応やることはやった。 トレーニング量も落とし、疲労を抜いた。 明日は、しっかり走りたい。

夜の体重は64.5kg。


1988年 10月 23日(日)晴れ

第2回奥多摩集中登山、雲取山・石尾根タイムトライアルに参加した。 朝、4:15頃起床。 眠い。 朝食のあと、ゲータロード280を2杯飲んだ。 5:14の電車で出発。
留浦をスタートしたのが7:15、スタートして間もなくMさんと二人になった。 30分ぐらい先頭で走ったが水を飲んでいるときに先に行ってしまった。 そして、ズルズル引き離されて見えなくなってしまった。 この辺りが一番つらかった。 負けた、と思った。 一体あの人は何者なんだろう? と思った、登り坂には自信があるのに、簡単に置きざりにされてしまった。 しかし、雲取山の近くで歩いているMさんを見つけた。 俺はデイパックにジュース、ピットイン、カロリーメイト、包帯、薬、着替えを入れて背負っているのに、彼は何も持っていない。 しかもこの暑い日差しの中でタイツをはいている。 また、途中の水場でも水をとらずに走っている。 勝てそうだと思った。
追走が始まった。 雲取山頂のチェックポイントでは数秒遅れだった。 そして、今度は下りを追走。 七ツ石山の頂上を目指す登りでやっと追いついた。 彼は歩いて登っていたので簡単に抜くことができた。 そのまま逃げた。 後ろとの距離が分からないので全力でとばした。 彼がすぐ後ろにいるものと思ってとばした。 長い長いスパートだった。 ゴールが見えてきた。 ここで初めて勝てる! と思った。
ゴールして、タイムが大会新の3時間24分と聞いてびっくりした。 アサヒタウンズのインタビューがあった。 夜、朝日新聞から電話もあった。


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ