富士山
1988年 7月 25日

富士登山競走はやはり気合いが入りませんでした。 肉体的な疲れはあまり感じないのですが、苦しくなってからのがんばりを保証する精神的なものがないとだめなようです。

山頂でいつも会う人達に加えてサロマ湖で知り合った人もいて楽しい交歓のひとときを過ごし、いちおう楽しかったのですが、やはりあのベストを尽くした! という感激には届きません。

3時間14分00秒で、去年よりは良かったのですが、いまいちです。 でもこれで連続完走記録は8になりました。 富士登山競走という大会は制限時間内に完走するだけでも難しいんです。

次は富士登山駅伝です。 僕は5区、7区を受け持つ予定です。 7区にはあの走るというより飛ぶという走りの"砂走り"があります。 往きの5区は50分以上かかるのに帰りの7区は10分かかりません。 本当に極端な駅伝です。

また、この駅伝では山上の区間を受け持つ選手に、前夜山小屋への宿泊が義務付けられています。 高山病予防のためなのですがこの山小屋、手を洗う水もなく勿論シャワーもありません。 1枚の毛布を3人でかぶって足を伸ばすことも十分にできない狭いところで寝るという状態で、あまり都会人には向かないところです。 ともあれ今度はチーム競技ですから気合いを入れてがんばって走ります。


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ