第20回青梅マラソンを走って
1986年 2月16日

青梅マラソン(30kmロードレース)で、昨年に続いて2年連続3度目の青梅工場のチャンピオンになった。 しかもこの大会では自己ベスト。 いろいろあって、今、くやしさもあるので気分は複雑だが、自信を持つことができた。

今回は、一昨年と同じ、別大マラソンから2週間後ということで、はっきり言ってあきらめていた。 だめでもともとという開き直りの気持ちに加えて足の回復も早くて安心していたので力が出たのだと思う。 競走しようとせず、マイペースを守ったのも良かったと思う(これは君原健二さんの本が役に立った)。

水曜日の夜からハナ水ジャージャー、クシュンクシュン。 木曜日からは咳も加わって、風邪で家へ帰ってからは寝てばかり。 こんな体調で本当に完走できるのか、という状態であった。

水曜日のペース走は、18分/5000mのペースで、3250m(富士見公園のトラックを13周)good!
木曜日は組合の集まりもあったし、風邪もひどくて休み(帰宅ランのみ)。
金曜日は5.7kmタイムトライアル、20分15秒、良くない!!
土曜日は完全休養。

こんな状態で、まちがっても自己ベストが出るとは思わなかった。 土曜日にゼッケンを受け取りに行ったときに「君原健二のマラソン」という本を買ってきて一気に読んだ。 そして、「自分のベストの出るイーブンペースを計算しながら全力を尽くして走る」ことの重要性に共鳴した。

利和子さんと子供たちが二俣尾にいてくれるということだったので、スペシャル(行きはポカリスエット、帰りはガス抜きコーラ)を用意した(このスペシャル、行きはふたくちくらい、帰りは半分くらい飲んだ。元気が出た)。

スタートするときは突風の中、すごく寒かった(突風はその後もときどきやってきて、すごく寒かった)。 スタートして間もなく(3km地点あたり?)K丸さんが左側にあらわれた。 そのまま先に行ってもらったのだが、全然離れていかない。 K丸さんは調子が悪いみたいだ、と思いながら走っているうちに、御岳のあたりで追い越して、そのままちょっとスパートしたら、どんどん離れた(俺の調子が、実は良かったようだ)。

5km地点はKさんと二人で通過(18分04秒)。
10km地点は、ちょっと長いようで37分30秒くらい(これはおかしい)。
折り返しでは、ちょっと差がついていた。
T村さんは、O形さんのすぐ後ろにいた。 かなり辛そうだった。

後ろに耳を付けて走った。 沿道の声でライバルの位置が分かるのである。 全然聞こえない。 こういうのも不安なものである。 後ろから、いつ来るか、いつ来るか、という不安と恐怖心とで辛かったが、昨日読んだ本の「ベストを尽くすことが大事」ということを思い出して、自分に「気を抜くな、とばせ、とばせ」と言い聞かせて走った。

20km地点は1時間13分をだいぶまわっていたが、このあともペースは落ちないで行けた(このあたりが去年と違った。去年はラスト10kmで、かなり落ちた)。 後ろを気にしながら走った(ときどき振り返ってしまった)。 青梅駅前あたりから、M谷さんと併走。 ゴールではM谷さんをかなり引き離した。
最後の右折コーナーではまだ30秒くらいあったような気がしたが、ゴールでは目の前で1時間50分をまわってしまった。 くやしかった。

翌日、報知新聞の記録を見たら、青梅工場のY沢さんが49位で載っていた。 彼は走っていない(すごく強い選手が代走をしていた)。
俺は一人の差で200位以内に入れず、載っていなかった。 すごく悔しい(その後、本当は1時間50分06秒で200位だったことが分かったが、手違いとはいえ翌日の報知新聞に載らなかったことは悔しかった)。 来年は200位ぎりぎりではなく、もっと上位を目指したい。

今年は君原健二さんが、走っていた。 スタートして間もなく追いついてしまったので声をかけることができた。 行きはそのまま先行。 しかし折り返して間もなくサーっと抜かれてしまった。 やはり君原さんは強い!

( 記 : 1986年 2月17日、夜 )



 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ