初参加のチャレンジ皇居マラソン
(大会は)1986年11月23日

11月15日(土)曇り

正午ごろ、走りに行こうと思っていたら、ふと、来週の皇居50kmは狙えそうだ! とひらめいた。 そして、とつぜん皇居に行くことに決めた。
行ってきた。 1周ジョグしたら25分、とばして走ったら19分47秒、
去年の優勝タイムは3時間26分28秒、
1周20分のペースを維持すれば勝てる!
当日はタイムを気にしないで、相手を気にしたいと思う。
都心に行ったついでにゲータロード280×10袋と、
ザバスデキタブを一瓶買ってきた。


11月22日(土)晴れ

まったく走らず、食べてばかりの一日とした。 朝食のあと歯医者へ、今日は右側の下の部分の歯石を取って、穴の詰め物の詰め直しをしただけであった。 一度にはやらず少しずつ治療するようである。 とうぶん通うようになりそうである。
明日の大会のことで電話をしてみた。 スペシャルの受付は無く、給水所も無いとのこと。 自分で置くことにする。
今日はよく食べた。
昼と夜は二人前ずつ食べた(加えてゲータロード280×3、+デキタブ)。


11月23日(日)晴れ

チャレンジ50k(皇居10周)に初出場で第1位!(実はやっと優勝という感じ) 初めてトロフィーをもらった。
今日はうまくいかないことが多くて苦しいレースだった(マメができた。給水がうまくいかなかった。スネに痛みがあってつらかった)。
しかし、なにしろ、勝った。
朝、6:40頃の電車で出発。 8:30頃着いた。
スタートをして、しばらく(1周)はスネが痛くて、やっと走った。
2周目からはT中さんと一緒になり、彼のペースで走る。 途中、沿道の手すりに下げておいたジュース(ポカリスエットとグレープジュースとレモンティー)を飲むために立ち止まり、そのたびにかなり遅れて追いつくのに5kmもかかった。 サポートがいればなぁと、うらやましくなった。 ラスト1周でトップに立っていることが分かって、がんばった。
T中さんの追い上げはすごかった。 やっと勝った。
1周〜2周はスローペース。 3週目でペースアップして、あとはイーブン。 ラスト2周は19分台であった。
ゴールタイムは3時間18分25秒。 ランナーズの橋本社長と下条編集長が来ていて、応援をしてくれた。 うれしかった。


11月24日(月)曇り

うまいことに今日は休み。
昨日の50キロは、うまくいかないことの方が多かった。 来年はもっと気を付けて、良いレースにしたい。 シューズのこと(買ったばかりのフリークスαは、はきならしが足りなかった)、食べ過ぎのこと、スネの痛み(トレーニングでのとばしすぎがきいているのかも)、 サポートもぜひ、いてほしい、 ドリンクケース(アイスボックス)も用意したい。
しかし、それでも勝った! 万全の態勢で臨めば、また勝てるぞ!


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ