走ってみないと、分からないものだ
1985年 1月13日

今日は、新体連新春マラソン(30kmロードレース)。
朝までは、いや、走り出すまでは、まったく気合いが入らず、いやでいやで、、、 口内炎もできている。

スタートしてしばらくは(親友で最大のライバルの)Tさんにくっついて走った。 Tさんは、やたらとばす。 彼には、去年の青梅30kmで負けている。 今回も最初は弱気になった。 しかし、「ここで棄権しようか」とか、「ペースダウンしてジョグで行こう」とか、いろいろ考えているうちに5km地点を過ぎ、10km地点を過ぎ、最初は痛くて重かったスネがらくになってきた。

逆にTさんは、このあたりから遅れはじめて、15km地点で遅れてしまった。 ここでチャンスとばかりにどんどんとばし、折り返して20km地点あたりでは、もうTさんの姿は見えなかった(このころ、彼はトイレに入っていたらしい)。 今日は、そういうわけで途中からは、らくであった(自分のペースで走れたから ・ ・ ・ )。

今日のペースは、すごく良かった。 序盤はTさんに引っ張られて、いいペース。 10km〜折り返しまでは、バトルで、いいペース。 折り返してからもしばらくは、いいペース。 特に、ゴールのトラックに近付いてから(あと2kmくらい)のスパートは、うまくいった(これで1時間50分が切れた)。 今日は、結果を見ると、良かったと思う。 気持ちのいいラストスパートもできたし、初めて1時間50分を切れたし(1時間49分33秒の自己ベスト)。 走ってみないと分からないものだ。


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ