第19回青梅マラソンを走って
・ ・ ・ 我慢、 我慢、 我慢 ・ ・ ・
1985年 2月17日

第19回青梅マラソン(30kmロードレース)で、一昨年に続いて、青梅工場で二度目のNo.1になった。
今、ジワーっと、うれしさがこみあげてくる。 と同時に、今日のレースの辛かったことが思い出される。

スタートしてすぐ とばしてT村さんに追いついたのだが、その10m位前にK丸さんがいた。 さらにそこまでペースアップして追いついた。 そのまま行って、5kmを17分47秒。
折り返して、中間点(15km)を55分くらいで通過。

中間点を過ぎてT村さんがスパート。 やっとついていく。 そのなかでK丸さんは離れ、T村さんも振り切った。 しかし、俺も競り合いのダメージがでかくてやっと走っている。 宮ノ平でK丸さんが追いついてきて、消防署前の上り坂で並んだ。 宮ノ平の駅を過ぎた下り坂で渾身の力を振り絞ってスパート。 20mくらい離したと思う。 後ろの様子を耳で聞いて距離を確認しながら走った。 青梅駅のあたりで、聞こえなくなった。
今日は、辛かった。 なにしろ辛かった。 西分のあたりで脚がつりそうになって、何度も何度も、リラックス、リラックスと脚を なだめながら走った。

今日は(今日も)、何度も何度も投げ出したくなった。 でも、なんとか我慢できた。 マラソンは、やはり、練習の積み重ねと我慢。 レースで勝つためには我慢、ひたすら我慢だと思う。 タイム的には、20kmを1時間13分位、ゴールが1時間51分08秒と、あまり良くないが、青梅で地元で終始(青梅工場の)トップ争いをして勝ったのだから、大成功!
今日は、うれしい。


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ