’84新体連新春マラソンを走って   
1984年 1月 8日

今日、川崎で、新体連新春マラソン(30kmロードレース)を走ってきた。
別大マラソンを控えているので、どうでもいいや、と思って走ってしまったがゆえに、ずいぶん、走っていて走りきるか、ペースダウンして遊ぶか、迷いながら走る羽目になって、ずいぶんつらかった。

タイムは、結果的に、1時間50分13秒と、自己ベストだったのだが、無調整に近い準備と、気合いの入らない精神状態にしては、ずいぶんいいタイム。 風が例年に比べて すごく弱く、陽も出て、天候がベストに近かったからかもしれない。

スタートをしたときに前列の一段後ろにいたために、まずスタートに失敗(ここにも気合いの無さが見える)。 ライバルの Tさんは、いいスタートを切っていたが、土手に駆け上がる前に追いつく(トラックを2周して、川下に走っていく途中で追いついた)。 そのあとは、ずっと一緒に走った。

最初の5kmは、19分くらいだと思う。 そのあとは、18分そこそこのペースになって折り返し、20km地点は1時間12分台だったのだが、そのあと、ずいぶん遅くなってしまった(折り返したあと脚がすでに重くなってきていた)。 右腹が痛くなって、またか!と思ったり、脚が棒のようになったり、きついことしきり。 このとき、何度も何度も、やめることを考えた(ここにも目標のない大会の不利さが見える)。 なんとか我慢して Tさんにくっついて走って、トラックに入ってからスパートし、3秒差で勝った。 17位。 Tさんが、18位だった。

しかし、今日ほど途中であきらめようかと思った大会はない。
やめてもともと、だめでもともと、と思っていては、絶対にだめ!
ということを思い知らされた。 反省すべし。


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ