府中多摩川マラソンを走って   
1984年11月23日

今日、府中多摩川マラソン(20kmロードレース)を走った。
びわ湖毎日マラソンに出るために20kmで1時間12分以内の公認記録が欲しくて出た大会だったのだが、かろうじてクリアできた(1時間11分18秒)。 すごくうれしかった。 多摩川に架かっている橋が、びわ湖大橋に見えて困った。

昨夜も今朝も憂鬱だった。 なにしろ自信が、まったく無かった。 防府マラソンか、秩父マラソンを申し込もうかと思ったり、あきらめようか、と思ったり、すごく気分が不安定だった。 だから、特に今はうれしい。
「来年は、びわ湖を目指す」と宣言した手前、プレッシャーもあった。

スタート時間は11:30、スタートしたら、いつも練習で引っ張ってもらっているKさんがいたので、なるべく大きく離れないように、と、ついて行った(これが成功の一因)。 なにしろ、自分のペースが、早いのか遅いのか、さっぱり分からず、5km地点までは、すごく不安だった。 5km地点でびっくり。 なんと17分28秒。 このあたりで、「もしかすると1時間12分以内は可能かも ・ ・ ・ 」という気になってきた。 10km地点は、34分57秒、なんと、35分を切っている!

10kmで35分を切るなんて、生まれて初めてである。 ここで、なお一層、1時間12分の可能性を、強く思った。 そして、なるべくリズムをくずさないように、らくに、リラックスするように気をつけて走った。 ペースは思ったよりも落ちず、15km地点でも53分02秒。 あとの5kmを18分58秒で行けばいいということが分かって、だんだんうれしくなってきた。 そして、あとは、脚を攣らせないこと、腹痛を起こさせないことに気を遣って走った。 あと2kmの表示(18km地点)のところで1時間04分。 あと8分で2kmを走ればいいのだ。 あとは、アクシデントがないかぎり大丈夫。

1時間11分18秒! 夢のようなタイムでゴールした。
Kさんには勝てなかったものの、会社や走友会の面々には、ほとんど勝っていた。
短い距離でも勝てるようになったことが特にうれしい。

これをいいきっかけにして、来年の青梅では1時間40分台を、そして、びわ湖では2時間30分台を目指したい(当面は、走り込みと、5000mでの16分40秒へのチャレンジ)。
( 記 : 1984年11月23日、夜 )

[ 後日談 ]
府中多摩川マラソンは、びわ湖毎日マラソンへの出場を目指して走った、思い出の大会でした。

びわ湖毎日マラソンには、悔しい思い出があります。
1984年2月に別大への出場を果たし、次の目標は、びわ湖でした。 当時の、参加標準記録は、マラソンで2時間40分、20kmで1時間12分。 マラソンではまだ無理だったので、20kmで、記録を狙いました。
そして、この年の11月、府中多摩川ロードレースで、1時間11分18秒の公認記録をゲット!

そのあと、忘年会や新年会で、みんなに「今度はびわ湖毎日マラソンに出ます」と、宣言し、自分を盛り上げていました。
そして、1985年1月の下旬には大会要項を取り寄せ、さて、診断書は、いつもらいにいこうかなぁ、電車はやっぱ新幹線かなぁ、等と考えながらルンルンでいました。 ところが、実は出場資格のタイムが変わっているということを走友から知らされ、大会要項をちゃんと読んでみると、たしかに変わっています。

20kmが1時間10分以内に変わっていました。 この日は、眠れなくて、朝方まで、うじうじしていました。 やがて、落ち着いて、この年のマラソン大会は、信毎マラソンに変更。 ここで、2時間40分を切って、びわ湖に出るぞ!と決心していました。 しかし、2時間40分を切ることができたのは、翌年の別大でした。 そして、その年には、びわ湖の参加標準記録は、マラソンで2時間35分に変わっていました。

数年後、たんだいは、2時間35分を切ることができたのですが、そのときには、びわ湖毎日マラソンの参加資格が、さらに厳しくなっていて、マラソンで2時間30分になっていたと思います。

ほんとうに、意地悪なほど、逃げて逃げて逃げて行った夢でした。 福岡国際マラソンのように、最初から不可能と分かっていれば、目標にはしないのですが、当時のびわ湖毎日マラソンは、がんばれば届くところに、ありました。

びわ湖毎日マラソン、走りたかったです。


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ