新春マラソン(3.2kmロード)に参加して   
1983年 1月 2日

今日、霞台親和会主催の新春マラソン(於:塩船観音寺)で白いテープを切った。 優勝は、これで3度目、ロードレースでの優勝は初めてである。 地元の小さな大会では優勝が現実にできるようになった。 ランニングを始めて3年、始めたころは、ここまでくるとは夢にも思わなかった。

こないだ(12月29日)5000mのタイムトライアルで17分28秒台が出たとき「これはいける。このあたりではトップレベルになったぞ」という実感を覚えた。 さらに16分台で5000mを走れるようになれば、もっと高いレベルを狙うことも可能である。 もしかしたら、エリートマラソン大会への出場も夢でなくなるかも、、、

今日は、おそるおそる行って、何人か、係りの人に、誰でも参加できるのか、ということを尋ねて確認した。 同じ会社のDさんがいたので、さらに安心した。 と同時に、彼には負けられないので、こりゃあたいへんだ、という気持ちになった。

スタートは10:00であった。 会場までジョグをしていって、さらに、スタート時間近くまでジョグをして、体を暖めて臨んだ(今日は、すごく寒かった)。 ランシャツにランパンでの参加者は珍しかったようである。 スタートは、まず子供、そして女性、最後に中学生と一般男子という順番なので、優勝するためには、全員抜かなくてはならない。

スタートして、半鐘柱があるあたりまでは、間を縫って抜いて走って、そのあとトップになった。 Kさんが、ずっとくっついてきた。 駐車場のあたりで、彼は後退してくれたので、ラストは楽であった。 尤も、ラストは、境内まで駆け上がるすごい上り坂なので自信はあったが、、、

今日は、生まれて初めてパトカーの先導で走ることができた。 ラスト近くの500mくらいだったと思う。 苦しかったけど、あんなに気分の良いことはない。 Dさんは、7位。 その他にも、会社の方々が参加していたり応援していたり、、 青梅マラソンで勝たないと、本当に認められないと思うが、今、実質的に、俺は会社で(青梅工場で)トップだと思う。


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ