「あと5キロ」の難しさ
・・・・ ’83 新体連新春マラソン(30kmロードレース)を走って ・・・・
1983年 1月 9日

今日、30kmで1時間50分47秒という大記録が生まれた。 惜しくも、あと一人で入賞を逃したのが少し心残りではあるが(11位!) このすごい記録に、まずは、満足。 この次は、いよいよ夢の1時間40分台に挑戦である。

今日の記録は、平均すると5kmを18分30秒以内で走っていることになる。 前半は、まず、最初の5kmを18分55秒、そのまま折り返しまでそのペース。 折り返してから上がって18分そこそこになった(スプリットでは、1kmを3分30秒で走っていたところもあった)。

すごいハイペースで帰ってきたが、あと5km地点あたりから全身に疲れがあらわれた。 特に脚がふらつきだしてペースが落ちた。 20km地点が1時間13分台だったのに最後にペースが落ちてしまった。 そんなに激しい落ち方ではないが、最後のトラックが見えてからフラフラであった。

折り返したところで11位。 そのままずっと来たのだが、あと2km位のところで一人に抜かれてしまった。 ここで、「どうせ入賞しないなら12位でもいいや」と思ってしまったのが運の尽き。 そのあとトラックの入り口で一人抜くことができたので、11位になった。 もし、あの一人に、くっついて行けたら、と思って悔やまれる。 しかし、今だから言えることで、あのときには限界だったように思う。 今後の課題は、この最後のふんばりができる力を付けることだ。 もっと厳しいトレーニングに耐えなくては。

今日は、調整がうまくいかなかった割には良かった(月曜日に風邪をひいて、火曜日には37度を越える熱。食事コントロールも不完全)。
大根おろしとゴマは、いいようだ。 今回は、お腹が大丈夫だった。


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ