’83青梅マラソンを走って   
1983年 2月20日

今日、青梅マラソン(30kmロードレース)を走って、ついに、悲願であった "工場で1位" を達成した。

昨日までは、膝の故障との闘いで、ノイローゼ状態になっていたのだが、今は、そのこともあって、すごくうれしい。
まだ、うれしさよりも、辛かったことの方が強くて、あまり、素直に喜べないのだが、青梅マラソンの場合、みんなが見てくれている。 そのなかで、トップを走ったのだから印象も深いと思う。 これから、大会で会社を休んだりするときに、有利になる気がする。

今日は、目標の1時間40分台は無理であったが、勝負には勝った。 やはり、勝負が かかってくると タイムは、いいものが出ない。
スタートしたら、すぐ前に、O さんがいた。 最初は、I さんが一緒だった。 O さんをすぐ抜いて、まもなく I さんが後退、一人になった、と思ったら、目の前に K さんがいた。
そっとついていくつもりが、「たんだい、がんばれ!」との声援で気付かれてしまって、それからは、ずっと、K さんと一緒(ずっと競り合い)。 勝った。

記録は、良くなかった。 18分/5kmのペースで、10km地点まで行ったと思う。 しかし、後半、ペースが落ち始め、20km地点は、1時間14分。
ゴールは、1時間52分55秒だった。

今日は、競り合うことの辛さを、いやというほど知らされた。
18分30秒/5kmのペースで走り出していれば、おそらく、もっといいタイムが出ただろうと思うのだが、なにしろ、相手がいるのだから、置いて行かれまいとして走ると、ペースが上がってしまう。 右胸下のあたりは、時々痛くなって、ひやひやさせられるし、膝もズキンときて、ひやひやしながら走ったのだが、なんとか30km走ることができた。

今日は、良しとしよう。 上出来だ。 うれしい!
これからも、スピードとスタミナを、しっかり付けて、来年こそ、1時間40分台で走って、しかも、競り勝つことができる力を つけたい。


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ