’83 秩父マラソン(別大への道)   
1983年12月 3日〜22日

12月3日(土)晴れ
秩父に行って来た(下見)。 受付会場の尾田蒔中学校まで3時間くらいかかった。 八高線も、秩父線も、おそろしく本数が少ないことが分かった。 うまい電車がないので当日は、河辺発5:06の電車で行こうと思う。
そのあとだと、会場に10:00近くになってしまう。
コースは、ちょっと見ただけだが、あまり坂はきつくないようだ。 今日は、ずいぶん歩いた。 明日への影響が心配だ(明日は奥多摩渓谷駅伝)。

12月5日(月)晴れ
いよいよ秩父マラソンに向けて食事制限の開始である。 まだ一日目だから、さほど苦しいとは思わない。 しかも、砂糖入りのコーヒーは飲んでいるという不完全なエグゾーストだから、らくである。 昼休みも、8.1kを、らくに走れた。
秩父マラソンのゼッケン通知が届いた。 なんと"6番"である。 富士登山のときの"3番"の次にいいゼッケンだ。 今回は、特に不安材料は、ない。 good! 2時間46分は切りたい(19分30秒/5kmのペースで行けばいいのだ)。

12月7日(水)晴れ
空腹と闘いながら仕事をした。 炭水化物制限も三日目、明日からは食える、と思うと、すごくうれしい。
昼休み、いつものように1000mのインターバル練習。 今日は出発が遅くなったので、2本だけ(1本目:3分30秒、2本目:3分13秒)。 まあまあである。 夜、チョコと甘納豆とハチミツと豆乳を買ってきておいた。

12月10日(土)晴れ
いよいよ明日である。 今日は、やることがなくて、いらいらしたり、食べ過ぎてみたり、変なことばかりしていた。 つらい一日だった。 眠くても、昼寝をすると、夜、眠れなくなるのが心配だし、起きているのは疲れるし、、、 下痢気味である。 食べ過ぎが原因だと思う。 体重は十分に増えているし(64kgくらい)、もう、あまり食べないようにしよう。
今日は、9:00前には寝たい。

12月11日(日)晴れ、一時雨
秩父マラソンに出場。 2時間48分02秒、自己ベスト! しかし、やはり後半のペースダウンが気になる。 マラソンは、難しい。
朝4:00起床。
ごはん、みそ汁+とろろ昆布、大根おろし1/2本分、ポカリスエット1本。
河辺発5:06の電車で行く。
8:15ごろ到着。
スティックパン4本、アンパン1個、ポカリスエット1本、パインジュース1本、リポビタンD1本、ビタミンCを二粒。
寒い。なにしろ寒い。11:00スタート
  05km 0h19m10s  10km 0h39m10s
  15km 0h57m??s  20km 1h16m30s
  25km 1h36m30s  30km 1h57m??s
  35km 2h17m??s  GOAL 2h48m02s

12月12日(月)晴れ
脚は痛かったが、気分は良かった。 なにしろ、あの、あこがれの別府大分毎日マラソンに出ることができるのだ。 ウキウキする。 夜、九州の毎日新聞社に申込書を取り寄せるための手紙を書いた。 いよいよである。

12月17日(土)晴れ
昼休み、バドミントン部のY君と競走して、負けてしまった。 まだ脚が重い。 しかし、やはり負けると、くやしい。
今日は、ランニング記念日。 走り始めて、もう4年である。 いよいよ別大に出られるレベルになった。

12月20日(火)晴れ
別大マラソンに出るかどうか迷っていたが、「話のタネに、行って来ればぁ」という、利和子さんの一言で決心することができた。

12月22日(木)曇り、夜一時雨
別府大分毎日マラソンの申込書を出した。
さあ、これで、あとは迷うことなく2月5日に向けて調整あるのみ。
行きは夜行寝台に決定。 帰りは未定(これを決めなくては ・ ・ ・ )。
年賀状を書かなくては、、 ずっと気になっている。


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ