2度目のフルマラソンを走って   
1982年11月23日

今日、日刊スポーツ河口湖マラソン(42.195km)を走った。

スタート地点で、1番前に並ぶべきであった。
ちょっと後ろに並んだために、最初、超スローペースを強制されてしまった。 道が狭くて抜けないのである。 そのため、最初の5kmに20分45秒ほどかかってしまった。
これをとりかえすために19分台で走り、予定の20分/5kmペースに戻すのに20km地点までかかってしまった。
25km地点では1分の貯金(1時間39分で通過)をした。 しかし、この間のハイペースが災いして、30kmまでの5kmは21分。 30kmを過ぎたら、どんどん足が重くなって、ペースはガタ落ち。 30kmからゴールまでの12.195kmに約52分かかってしまった(これは、21分20秒/5kmのペース)。

スタートしてまもなくおなか(みぞおちの右側)が痛くなって、ほとんど、ずっと、ゴールするまで、おなかが苦しくて、それとの戦いも必要であった。
まあ、そのなかで2時間51分57秒というのは、良しとしなければならないと思う。

しかし、30km地点で2時間ということは、そのペースを維持すれば、2時間48分台の記録となる。 そのあとのペースダウン(要するにへばってしまったこと)が悔やまれる。

今日の教訓としては、
 1.
こういう参加者数の多い大会では、最前列に並んで、自分のペースで走れるようにすべし。
 2.
もし、少しぐらい遅れ気味と思っても無理をして取り返さないこと(前半とばしすぎたので、すねがしびれるし、足音がバタバタして波に乗れなかった)。
 3.
食事に関しては、もっともっと深く考えて、工夫して、計画をきちんとたてて、その通り実行する。
 4.
朝が早すぎた。来年も出るとしたら、宿泊して臨むことにしたい(朝、3時30分起床は、きつい)。


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ