2001年、もうすぐ夏


眠りムシぐっすり寝たけどまだねむい 6月2日(土)

ぐっすり眠ったはずなのに眠いです。
疲れが溜まっているようです。 レース中にも眠気で悩まされることも多くなってきました。 レース中に眠くなるのはガス欠と関係がありそうです。 体力低下の顕れの一つかと思っています。


暑い道汗を仲間に良い走り 6月3日(日)

デイパックを背負わずにロング走に出掛けたいつもの青梅街道。 走り始めはさわやかな天気と思ったのですが、暑かったようで、水を飲んだりかぶったりの走りになりました。 青梅から奥多摩までの青梅街道は駅の度に水道があるし、道端に湧き水がポタポタ落ちていたりで水が豊富です。


つかれても走って汗して嬉々帰宅 6月4日(月)


雨走り心は明日の映画の日 6月5日(火)

夜になって、雨が落ちてきました。 帰宅ランは、雨の中。 明日も雨かもしれません。 でも、心は青空。 明日は映画の日です。


泣きましたホタルで魅せる夫婦愛 6月6日(水)

映画『ホタル』、泣きました。 怒りと、切なさで、泣きました。 本物の夫婦の姿に、泣きました。 知覧の「特攻平和記念会館」の少年のような特攻隊員の遺影に、泣きました。 朝鮮人も、特攻隊員として出撃させられていた事実に、泣きました。


昼は汗夜は強雨でヌレネズミ 6月7日(木)

蒸し暑かった昼休み時間、シャツもパンツも汗でずっしりと重たくなっていました。 そして、帰りは、どしゃ降りの雨。 雨が冷たくて、寒さを感じるほどでした。 まだ、ほんものの夏、ほんものの梅雨ではないようです。


今日の空暗いニュースでさらに閉じ 6月8日(金)

小さな子供たちが殺された事件のニュースにふれ、暗澹とした心になっています。


被害者をまたも穿る愚報道  ・・・怒髪天 6月9日(土)


快走の報せに我も杯重む 6月10日(日)

美方残酷マラソン快走の書き込みを読みながら美味しいビール(実は発泡酒)です。


夏走り火照り鎮めよたたき雨 6月11日(月)

昨日の走りを思い出しての句です。
走り出しは、蒸し暑くてきつかったのですが、ラスト(青梅の市街地近く)で雷雨になりました。 身体をたたくような雨は気持ちよかったのですが、目の前でピカピカガガーンの雷は怖かったです。


快走を忘れず今日もさする脚 6月12日(火)

レースで全力を尽くしたあとに、しばらく残る筋肉痛、好きです。 あのけだるいような感覚と、そして確実に残っている筋肉痛が快走の証拠として残っています。


飛ぶ心引き締める胸ナンバー1 6月13日(水)

サロマ湖100kmウルトラマラソンのナンバーカード、今年は1番とのこと。 1987年のとき以来の1番。 目立つので、歩いたり休んだり寝ていたり、しにくいです。


失くすものまた戻るものみな運命(さだめ) 6月13日(水)

さだまさしの『転宅』が流れています。
6歳のときのことを思い出しています。


ようやっと去年の走記纏まりし 6月14日(木)

去年のサロマの完走記をホームページに書こうと思っていて、もうすぐ一年になるので、少々あせっています。 写真のトリミング/レタッチは、なんとか完了。 あとは本文をまとめてhtml化すれば良いのですが、今週末にできるかどうか自信がないです。 でも、さくら道の完走記も今月中にまとめる必要があるので、尻に火がついています。 がんばります。


もう飽いた雨雨雨の梅雨の入り 6月15日(金)

雨も三日続くと飽きてきます。
入梅したばかりなのにもう飽きました。 雨。




五・七・五 目録へ

ホームページへ