続・妻の呼び方、夫の呼び方
2018年10月 8日

妻の呼び方、夫の呼び方」を書いたのは1999年10月17日です。

あれから19年、利和子さんはおばあさんに、私はおじいさんになりました。

2002年5月、娘夫婦に女の子が授かりました。 このとき、娘夫婦と同居をしていたので一緒に大きくなりました。 この孫が、ねがえりをうち、つかまり立ちができるようになり、歩き始め、そして言葉をおぼえるようになりました。

ママ、パパと言えるようになりました。 さて、利和子さんと私は、と考え、呼び方(呼ばれ方)を決めました。 「じぃじ」、「ばぁば」は嫌でした。 でも現行の「とわこさん」、「まさとしさん」も孫が言うには変です。 「とわちゃん」、「まさとしくん」にしようということになりました。 「とわちゃん」は結婚前に呼んでいた愛称です。

さっそく「まさとしくん」だよー、と教えました。 しかし、「まさとしくん」とは言えず、「まっくん」になっていました。 「まさとしくん」の短縮形かと思います。 「とわちゃん」の方はすんなりおぼえてくれました。

2009年5月、娘夫婦に2番目の子ども(男の子)が授かりました。 このときには私たちと同居をしていなかったのですが、この男の子も「とわちゃん」、「まっくん」と呼んでくれました。 娘の家族がみんなで呼び方を教えてくれたようです。

2014年4月、娘夫婦に3番目の子ども(男の子)が授かりました。 この男の子も私たちを「とわちゃん」、「まっくん」と呼んでくれました。 娘の家族みんなで呼び方を教えてくれました。

孫たちが遊びに来ていて一緒に歯医者さんに行ったとき先生が「じぃじと一緒でいいねー」と言ったところ、「じぃじじゃないよ、まっくんだよ」と言ってくれました。 みんな笑っていましたが、孫たちはなぜ笑っているのか分からない様子でした。

上の孫は今、高校生ですが、今でも「とわちゃん」、「まっくん」と呼んでくれます。

娘夫婦よりも前の2002年3月、次男夫婦に男の子が授かりました。 そして2004年8月、次男夫婦に女の子が授かりました。 この二人の孫は残念ながら私たちを「じぃじ」、「ばぁば」と呼びます。 正しく教えなかったことを後悔しています。

2009年2月、長男夫婦に女の子が授かりました。 この孫も私たちを「じぃじ」、「ばぁば」と呼びます。 正しく教えなかったことを後悔しています。

私たちの呼び方(呼ばれ方)、いくつかあります。

わがやでは、互いを 「まさとしさん」、「とわこさん」 と呼んでいます。

娘夫婦は「おとうさん」、「おかあさん」と呼びます。

息子たちは「おとうさん」、「おかあさん」だったり「おとん」、「おかん」だったり、「おやっさん」だったり、「おやじ」、「おふくろ」だったり、使い分けているようです。

そして、娘の子どもたち(孫たち)は「とわちゃん」、「まっくん」と呼びます。

しかし、息子の子どもたち(孫たち)は「じぃじ」、「ばぁば」です。 困ったもんです。


 
エッセー集 目録へ

ホームページへ