妻の呼び方、夫の呼び方  
1999年10月17日

わがやでは「家内」、「女房」、「主人」という言葉が嫌で使わないようにしています。 「○○さんの奥さん」 とか、「××さんの旦那さん」等の呼び方も 嫌いです。

24年前、利和子さんと結婚したばかりのころは独身時代の延長で、私のことを 「丹代さん」 と呼んで、利和子さんのことを 「トワちゃん」 と呼んでいました。 長男が生まれて、やがて言葉を話すようになってきたある日、長男が私に向かって 「タンダイサン」 と言いました (^^;
これはまずいぞということになって、それ以降お互いを 「おとうさん」、「おかあさん」 と呼ぶことにしました。

月日が経って、子供たちもだいぶ大きくなって、夫婦の間にも波風がいっぱい立って、お互いを見つめ直そうという時期がありました。
そのころからお互いを 「まさとしさん」、「とわこさん」 と呼ぶことにしました。 家族以外の方々に対して妻を「さん」付けで呼ぶことはおかしいと言う方も、いらっしゃいますが私は気にしないで外でも 「とわこさん」 と言います。

「家内」、「女房」、「主人」、「奥さん」、「旦那さん」 等は一般的に使われている呼び方だと思います。 でも私は使いたくないです。 これは私自身のこだわりなのですが、今は自分の方が正しいと思っています。
妻は家の奥にしまっておくものではないし、夫の従属物ではないし、夫は妻の主君ではないのですから。

でも相手によってはコロンボ風に 「うちのカミさんがねぇ 」 という言い方とか、あらたまった場等で 「私の妻が」 という言い方をせざるを得ないこともあります。 また会話の中で、「高橋さんちの花子さん( 高橋さんという人の妻が花子さんだった場合 )」 と呼びにくい場合もあったりして、「奥さん」という言葉以外、思いつかないこともあります。

私の友人で妻の方が有名人で、いつも 「○○さんの旦那さん」 と呼ばれている人がいます。 本人は気にしているようです。
「自分は妻の従属物ではない」 という意識があると思います。
「自分は夫の従属物ではない」 という意識の尊重も大切だと思います。

1992年12月、高石ともやさんの 『年忘れコンサート』 で、ともやさんに利和子さんを紹介するときに「愚妻」という言葉を使ってしまったことがあります。 ともやさんにやんわりと怒られて考えさせられました。
「愚妻」、「愚息」 の類は謙称として日本語的には正しいと思いますが、私の場合、言っているときの自分の心の中に「所有物」 という感覚があるようです。 その後「愚妻」 という言葉を口にしたことはありません。

もし運良く長生きをさせていただいて、おじいさんと おばあさんになっても、わがやでは、とわこさん、まさとしさんと呼び合って いたいです。


 
エッセー集 目録へ

ホームページへ