続・ラヂオ 大好き♪
2001年10月21日

先月、ここに"ラヂオ大好き♪"を書いたら、とたんにポケットラヂオの調子が悪くなりました。 だましだまし使っていたのですが、いよいよおかしくなってきました。 ニッポン放送を聞いていたら突然ピッと言って文化放送になったり、突然プリセット入力モード(放送局セットモード)になったり、電源が切れなくなったり、電源が入らなくなったり、新しい電池なのにローバッテリー表示をしたり、、 マイコン内蔵の電化製品は並ではない壊れかたをすることがあるようです。 でも購入してから2年半くらい毎日使っていましたが一番こわれやすいと思っていた巻き取りリール式イヤホン部分には損傷がありません。 この部分の耐久性については感心させられました。

一日たりともラヂオの無い生活は考えられないので今まで使っていたラヂオと受信機能が同じでチューニングがダイヤル式になっているものを買ってきました。 値段は安いし、感度は良いし、よけいな機能がついていないので取扱説明書を読まなくても分かるし、Good です。 今までのラヂオでは時計の時刻修正も、放送局セットも、タイマーも操作法が分からなくてその都度取扱説明書を読んでいました。

やっぱりカチンッと電源スイッチを入れてピーガー言わせながらダイヤルを回して聞くオーソドックスなダイヤルチューニング式のほうがラヂオらしくて良いです。 ボタンが並んでいる代わりにチューニングダイヤルがあって、LCDパネルがついている代わりに周波数スケール窓が付いていて、その他の機能はサイズ・重さも含めて今まで使っていたラヂオとほとんど同じです(AM/FM/TV1〜12chをカバーして、チューニング・メーター代わりのLED付き、巻き取り式イヤホンおよび内蔵スピーカ付き、ハイカットフィルター、オートパワーオフ機能あり)。 このラヂオ、瞬時に局の切り替えができない点は不便ですが微妙なチューニングができます。


 
エッセー集 目録へ

ホームページへ