通勤ウォーク&ラン
2009年1月11日

通勤ウォーク&ランを続けています。 体調が悪いときや故障のときにはウォークのみになるのですが、朝は歩き、帰りは走りを基本にしています。 

1979年12月17日(月)、利和子さんが買ってきてくれた緑色の運動着と先輩からいただいたテニスシューズで走り始めました。 昼休み時間、工場外周の約1.5kmを走りました。 9分くらいかかってなんとか完走。 この日から走り続けています。

1980年6月9日(月)、自転車通勤をやめて通勤ウォークを始めました。 会社までは片道2.5km。 長女が生まれたばかりで、利和子さんはまだ病院にいました。

1980年6月18日(水)、早朝ランニングを始めました。 早起きをして出勤前に走る霞川沿いのコースは約6.7km。 この頃の昼休みランは3〜3.3kmで、さらに通勤ウォークの5kmが加わりました。 しかし、早朝ランニングは長続きせず三日坊主に終わりました。 自分の体力を大きく越える量の負荷をかけたことで、疲労感が大きく、顔色も悪くなり、たちくらみを起こすようになっていました。 また、毎日朝早く起きることは夜型人間だった私にとってかなり難しいことでした。

1980年7月18日(金)、帰宅ランを始めました。 この日から、通勤ウォーク&ランを続けています。 この日は雨でした。 いつものように歩いて帰宅をする途中、傘を差すのが面倒になって走って帰りました。 暑い時期だったので濡れるのが気持ち良かった記憶があります。 このころ、通勤ランニングを始めたいという思いが膨らんでいました。 ランナーズ誌やこのころ観た映画『ランニング』の影響を受けていました。 『ランニング』のなかで主人公(マイケル・ダグラス)がビジネスマンの服装のまま走り出し、走っていて、そのうちにネクタイがバンダナになって、、というシーンが目に焼きついていました。

1980年9月1日(月)、長女を抱っこしての通勤ウォーク開始。 子守をしてくれているお宅まで届けてから出社していました。 これは、案外良い筋力トレーニングになったようです。 これは翌年4月に長女が保育園に入れるようになるまで続きました。

1983年5月22日(日)、引っ越しをしました。
会社から少しだけ遠くなり、通勤ウォーク&ランは片道2.7kmになりました。

2005年12月11日(日)、羽村市に引っ越しをしました。
会社からもっと遠くなり、通勤ウォーク&ランは片道3.8kmになりました。

2008年3月16日(日)、引っ越しをしました。 また青梅に帰ってきました。 会社から近くなり、通勤ウォーク&ランは片道2.1kmになりました。

通勤ウォーク&ランは私の習慣になりました。 朝は歩いて出勤し、帰りには走り、というパターンは1980年7月18日以来変わっていません。 最初の頃一番苦労したのは着替えを入れて背負うデイパックに良いものがなかったことでした。 ナップザックにウレタンフォームを貼り付けたり、紐を追加したりして使っていました。 今はランナーズ社のランニング用デイパックを入手することで快適な通勤ウォーク&ランができています。

私の場合、通勤ウォーク&ランの習慣化に良い条件に恵まれていたと思います。 通勤という毎日行うことを歩きと走りに利用するうえで会社までの距離が短すぎず長すぎず適当であったことが大きいです。 朝も走れば走行距離が増えそうです。 でも朝走って出勤ということは今も考えていません。 走りとは違って朝食後すぐにでもできるという点、会社に着いてから特別な着替えが必要とならない点、そして家からも会社からも離れてぼーっとしていられる時間が得られる点(走っているときとは違ったリラックスができます)、ウォーキングの効果も大きいからです。

通勤ウォーク&ラン、これからも続けていきますが、ちょっと心配なのは定年退職後のことです。 通勤しなくなったら、通勤ウォーク&ランができなくなります。 これに代わるものを考えないと運動量が減ることになります。 なにか考えようと思います。


 
エッセー集 目録へ

ホームページへ