走ること、走らせられること 
1994年 2月 26日

何年生だったかは覚えていませんが、小学生のとき50m走で先生に「真面目に走れ!」 と怒られたことがあります。 あまりにもタイムが悪いので、ふざけていると思われたのです。 もう一度走らせられて、また遅くて、叱られました。

私は学校時代、運動会で1等賞はもちろん3位以内に入ったことが一度もありません。 コンプレックスも手伝って走ること(走らせられること)は大嫌いでした。

27歳になって突然太りはじめました。 なにかスポーツをやってやせなくてはとグローブを買ってきて昼休みにソフトボールを始めました。 しかし最初のうちは相手をしてくれていた仲間もだんだん減って、やがて一人でバックネットにボールをぶつけているようになりました。 私があまりにも下手だったのが主な原因だと思います。
そのとき幸運にもジョギングをしている友人がいました。 彼の助言を聞きながら、おそるおそる走り始めました。 初めて自分の意志で走りました。 工場外周約1.5kmを走ったあとの、あのうれしかったこと。 人の命令でしか走ったことがなかったので走る=走らせられる、だったのです。 それが違うことに気づきました。

走ること、走れること自体がうれしいことなのです。 走れなくなったとき、あるいは身体が不自由で走れない人にとって、走ることは大きなあこがれになります。 目が見えなくても足が無くても走りたくてマラソン大会に出ている人を見て、この思いを強くします。

今、私の趣味は走ることです。
走っていると「毎日大変だねぇ」とか「えらいねぇ」と言われることが度々あります。 体罰や訓練で「走らせられ」てきたことで、走ること=つらいこと、となっているのだと思います。 本当は走ること、走れることは、とても楽しいことなのですが。

でも走ってうれしいという状態を越えて、走った感激を得るためには努力が必要です。 努力する、しないは自由ですがレースで楽しく走るためには、そしてゴールのあの感激を自分のものにするためには、努力が必要だと思います。 自分の意志での努力が。

走り始めて15年、若い頃とは疲労の回復力、体力が違ってきていますが身体のいうことをよく聞いて、これからも走り続けます。

「走れることは、うれしいことです」と言い続けながら。


 
エッセー集 目録へ

ホームページへ