カメラ 大好き♪
2003年 10月 12日

私の趣味の一つに写真があります。 写真を撮ることも、カメラそのもの(メカ)も好きです。 初めて写真を撮り始めた高校時代から36年。 写真の世界も変わりました。
記録媒体の主流はモノクロフィルム → カラーフィルム/カラーリバーサルフィルム → デジタル記録媒体と変化し、35ミリフィルムを使用する一眼レフカメラの機能は外部露出計による完全手動露出設定 → TTL方式の露出計内蔵 → TTL露出計と電子シャッターによる自動露出 → TTL露出計と電子シャッターと電子制御レンズによるプログラム自動露出 → さらにオートフォーカス機能の実用化と変化(進化)をしてきました。
そして私自身も変化してきました。


高校時代

高校入学と同時に写真部に入りました。  写真部に入ったことで先輩から多くの貴重なノウハウを伝授されました。 カメラの構造、レンズの絞り値と焦点距離と被写界深度の関係、三脚の重要性、レンズとカメラの扱い方、フィルム現像やプリントの技術等をしっかりと身に付けることができました。
3年間フジカV2というレンジファインダー式のカメラを使いました。 このカメラ、高精度の距離計が付いていて、1/1000秒まで切れるレンズシャッターを備え、レンズはフジノン45mm F1.8(4群6枚)という優れものでした。 普及価格帯の家庭用カメラとしては高いレベルの機能を持っていて、レンズ交換こそできないものの十分に実用に耐えられるものでした。
しかし、このころの写真部の仲間の多くが持っているカメラはプロ写真家が使っているような高級機、アサヒペンタックスSP、ミノルタSRT101、Nikomat FT等のTTL露出計を備えた一眼レフがほとんどでした。 うらやましかったです。 一眼レフが欲しかったです。


初めて手にした一眼レフ

会社に入って一番先に手に入れたのがミノルタSR-1という一眼レフでした。 先輩から中古品を安く譲っていただいたものです。 TTL露出計こそ備えていなかったもののシャープな写真が撮れる良いカメラでした。 しかし、高校時代とは違って自由に使える暗室はなく撮りたいものも多くない状況だったためか、このころ撮った写真は多くありません。


Nikonのカメラに夢中

1975年、利和子さんと結婚しました。 利和子さんがヤシカエレクトロ35というレンジファインダー式の絞り優先AEカメラを持っていました。 結婚当初はこれで写真を撮っていました。 新婚旅行のときもこのカメラ1本です。
しかし広角レンズがあれば、とか、あのときに望遠レンズがあれば、などと考えるようになってしまいました。 そして、あの高校時代の思いがよみがえってきたのです。
Nikonのカメラを買いました。 当時の最高峰はNikon F2。 しかし予算が足りなくてNikomat FT2を買いました。 TTL解放測光のできる素晴らしいカメラでした。
カラー写真を撮ることも多くなってきました。 リバーサルフィルムのすばらしさに感動してスライドプロジェクター(幻灯機)も買ってしまいました。
そして、いよいよカメラ「そのもの」に夢中になっていきます。 Nikonというメーカーが生み出す製品の写真を撮る道具としての機能美に惚れ込んでしまいました。  NIKKORレンズは、28mm、35mm、50mm、55mm、85mm、135mmと揃えました。 その後、高校時代からの憧れだったNikon Fの中古品を購入。 しかしNikon F2チタン(限定2000台のレアもの)を買うために売ってしまいました。 Nikomat FT2も売ってしまい現在持っているのは、このNikon F2チタンと、その後購入したNikomat FT3(これも製造された期間が短く、かなりのレアもの)の2台だけです。


初めて買ったデジタル・スチル・カメラ(デジカメ)

1979年の暮れ、走り始めました。 暗室(自宅の台所の窓に毛布をかけて作る夜間使用限定の簡易暗室)を使うのも年賀状シーズンだけという状態になっていきました。 寝不足になってしまう暗室作業は走ることとの両立が難しいものでした。 また、子供たちが成長して撮りたいものが少なくなっていくことと相まって、カメラを持つ機会がしだいに少なくなっていきました。 そして決定的だったのは写真にかけるお金が無くなったことです。 子供たちの教育費で我が家の家計は大幅な赤字になっていました。

1998年の春、ホームページの開設をしました。 文字だけのホームページでした。 スキャナも持っていなかった私は写真を載せるための一番の近道と思ってデジカメを買いました。 Canon の Power Shot A5です。 デザインが良かったのが決めてです。 従来のカメラと同じデザインで、ホールド性も良くて(ファインダー位置が一眼レフと同様の中央上面付近にあり)、左目で光学ファインダーを覗いたときに鼻がLCDパネル等にあたらないのが気に入りました。 それに、なによりも突出物のない構造が携帯性に信頼できる印象を持ちました。 使用目的がプリントアウトではなくホームページへの掲載写真の撮影である点が画素数を不問にしました。 でも81万画素しかなく単焦点レンズしか備えていないこのカメラでも「デジタル画像」として見れば十分に「作品」を作ることもできることに気付き、ホームページでの「発表」を意識して撮り続けるようになりました。 そして、しばらく眠っていたカメラ小僧の心をしっかりと目覚めさせてしまいました。

銀塩フィルム式の写真は撮ったあとのフィルム現像、焼き付け(引き伸ばし)の作業を経て作品になります。 引き伸ばしのときには覆ったり追焼きをしたり現像液の操作をしたりして自分の見せたいところを見せ、見せたくないところを消して作品にします。 よく徹夜をしました。 でもデジタル映像は、その点すごく簡単です。 やり直しは何回でもできるし、なによりも、お金がかからないのが最大の魅力です。 印画紙に焼いていたころは安いものではなかった印画紙を何枚も何枚も無駄にしました

高校時代にレンズ交換のできないカメラしか持っていなくて、そのカメラで撮れる範囲での作品を! という姿勢で写真をやっていたのでPower Shot A5という単焦点レンズのデジカメでも「今手にしているカメラとレンズで撮れる写真」という姿勢での使い方が自然にできました。 一番金のかからないデジカメで、作品に近いものをどれだけ撮れるか、に力を入れていました。 しかし花を撮ったりしていて次第に準広角レンズしかないカメラの限界を感じるようになってきました。


「作品」も撮ることができるようになったデジカメ

デジカメを使い始めて2年ほど経ったころ、OLYMPUSからCAMEDIA E10というデジカメが発売されました。 店でさわっていて、デジカメらしくない大口径レンズと普通の一眼レフに近い独立したスイッチ・ノブ類による抜きんでた操作性と絞り優先AE、シャッタースピード優先AE、プログラムAE、マニュアル露出設定、オートフォーカス、マニュアルフォーカス、手動4倍ズームを備えた優れもので、しかも撮れる画像はすごいということを知って欲しくなりました。 しかし、そのときは定価が198,000円。 値引き価格でも178,000円。 手が出ませんでした。 それから1年間待った2001年の11月にE20という新型が出ました。 このときに安くなっていたE10を買いました。 本当は、NikonのD1が欲しかったのですが、こっちはまだまだ高すぎました。 なんとか買える値段になって且つ使える一眼レフがそのままデジカメになったようなカメラ、それがE10でした。
E10は、かなりの写真が撮れる本格的なカメラです。 フィルム式のカメラ(Nikon F2とNikomat FT3)は、いくら撮ってもタダという(ランニングコストのかからない)デジカメの便利さに負けて、まったく使わなくなってしまいました。 高校時代に文化祭のために暗室に籠って何度も何度も同じ写真を焼き直したり、家でみんなが寝静まってから台所改造暗室で徹夜の引き延ばし作業をしたり、 そんな頃のことを思い出していました。 デジタル写真の場合、暗室無しで写真の仕上げができます。 本格的な写真を撮ろうと思ったら、まだまだ銀塩フィルム式の足下にも及ばないと思ってはいますが、ホームページへの掲載を目的にしているかぎり、E10は申し分のないカメラです。

E-10を使い始めて、ズームレンズとオートフォーカスに対して持っていた偏見がなくなりました。 以前のズームレンズには重くて大きい広角レンズであり、暗くて使えない望遠レンズというイメージを抱いていました。 また以前のオートフォーカスには、肝心なときに待たされてシャッターチャンスを逃す余計な機構というイメージしか持っていませんでした。 E-10のレンズは広角側でも望遠側でも満足のできる写真を撮らせてくれます。 また、E-10のオートフォーカス機構は素早くてランナーを追いかけても、動き回る子供を撮るときでも遅れることなくピントを合わせてくれます。 E-10を使い始めて、また「写真を撮るのが楽しくてしょうがない」という状態になりました。


さらに進化したデジカメ

Nikonのカメラを使わなくなって(銀塩フィルム式カメラを使わなくなって)もう5年以上になります。 今はデジカメで十分に間に合っています。 しかし、このごろ一眼レフの大手各社が小型軽量の高性能一眼レフデジカメを開発しているとの情報が目に耳に入り、その高性能ぶりを知るにつけ、E10の大きさと重さと遅さがすごく気になってきました。

以前、レンズ交換式のデジカメで「使えそう」と思ったカメラは高すぎてとても買えないNikonのD1だけでした。 しかし、昨年あたりから魅力的で、しかも価格帯も低くなったカメラが続々と発表されています。 D1も中古品をさがせば10万円台で買えるものが出てきています。 そんな中で最近一番気になっているのがペンタックスの*ist Dです。 軽くて、小さくて、デザインが良くて、電源を入れてから撮影ができるまでの時間がすごく短くて、レンズも小さくて安くて、とんでもなく魅力的なカメラです。

今まで、次のカメラはNikonのD1シリーズだと心に決めていました。 大好きなNIKKORレンズを使うことができるからです。 しかし、いざ使おうと思ってよく考えてみると、D1シリーズは大きすぎて重すぎてだめです。 昔のようにカメラバッグと三脚を担いで撮影に歩くというスタイルのときには重いカメラでも良かったのですが、今はデイパックに入れて走りながらの撮影というスタイルに変わっています。 今使っているE10が重くていやになっているのですから、さらに重いD1シリーズというのはあり得ません。

NikonにはD100というやや小型の機種もあるのですが、Nikon製なのに古いNikonレンズを付けたときには測光もしないということが引っかかっています。 D100に絞り位置検出リングが付いたら少々高くなっても欲しいカメラの筆頭になるのですが、古いレンズしか持っていないので、なんだか悔しいです。
しかし、このごろ古いNikonのレンズを生かすことに本当に意味があるのか?と考えるようになってきました。 昔のNIKKORレンズよりも今のレンズ専門メーカー(タムロンやシグマやトキナー等)のズームレンズの方が安くて軽くて実用上は上ではないかと思うようになりました。 Nikon党から抜けて(Nikonは銀塩フィルム写真だけにして)デジカメはPENTAX党になるというのもありだと思います。 また古いレンズを気にしないということになると、D100も候補に上がってきます。 *ist Dと比べれば大きさと重さの点で不満が残りますが、機能的には申し分のないカメラだと思っています。
現時点では、D100と*ist Dの両者がデジカメの次期購入機種候補に上っています。


 
エッセー集 目録へ

ホームページへ