初めての青梅マラソン   
1981年 2月16日

青梅マラソンが終わった。
去年からの夢であった完走証も手に入れた。
2時間半も切った。
しかし、どうも不満である。
やはり俺は、プライドが高すぎるようである。
逆に、向上心が旺盛であるとも言える。

昨日の大会では、ゼッケン番号が「T202」、1万2千番くらいである。 行きに、なんと1時間16分も かかってしまった。 帰りは、とばして1時間05分。 なにしろ多すぎる。 人が多すぎる。 自己最高タイムとは、ほど遠い記録になってしまった。

遊びだと割り切ればいいのだが、俺にはそれができない。
みんなは すぐ「何番だった?」、「タイムは?」と聞く。
俺は、すぐ、そのペースに はまってしまって、一所懸命、タイムが悪かったことを弁解する。 なんと見苦しいことか、、、
まったく、俺は、本当に、まだ若い。
もっと控えめにならなくては、、、

要は、もっとダントツの力を付けて全員ぬいちまえばいいのだ。
2時間を切る力をつければ問題ない。
来年までに2時間を切る力をつけよう。 がんばって。


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ