1991 HONOLULU MARATHON
1991年 12月13日〜18日

12月 13日(金)東京は快晴/ホノルルは曇り時々小雨

長い長い13日の金曜日であった。 家を出る前に利和子さんと12.5kmジョグ。 ゆっくり走ったら寒くてきつかった。 本山さんと午後1時過ぎに出発。 成田へは4時半頃着いた。 手続きがややこしくて頭がパニック状態になりそうだったが、なんとか無事に出国できた。 本山さんが必要書類にサインをするのがたいへんだった。 視覚障害者にとってサインは難しい。 夜8時近く、ジャンボジェット機は成田を飛び立った。 途中(12時頃)かなり揺れて怖くて目がさめてしまった。 でもホノルルには無事に到着。 入国審査も日本語の分かる人だったのですんなり行った。 つらかったのはそのあとで、ホテルに入るまでの時間がすごく長かった。 バスに弱い僕にとって市内観光はきつかった。 午後3時半頃やっと落ち着いた。


12月 14日(土)晴れ

朝6時半起床。 外からは車椅子マラソンの声援がウォーと聞こえる。 すぐ外に出る元気はなく、しばらくゴロゴロ。 7時半頃朝食へ。
入り口でいきなり、スモーキング・オア・ノー・スモーキング?と聞かれノー・スモーキングと応えてテーブルへ。 バイキングですと英語で言っている(らしい)。 OK?と聞くのでOKと応える。 俺が一人でいっぱい(二人分)持ってくるものだからウエートレスが変な顔をしていた。 ホノルルでは視覚障害者が外にあまり出歩かないようで、街の人が白杖を持って歩いている我々を見てもすぐに(視覚障害者と)気付いてくれない。

午前中にダイヤモンドヘッドへ二人で行って来た。 地図もなし、コースタイムも分からず、いきあたりばったりで出発。 おまけに準備していたパンも忘れて行ってしまった。 途中で一度道を間違えて住宅街に入り込んでしまったが、なんとか行けた。 登っていってトンネルをくぐったら、そこがクレーターの中だった。 しばらく考えてやっとそのことに気付いた。 ダイヤモンドヘッドというのは山だけど、火口跡なのだ。 火口の真ん中から山頂に向かって登るのだ。 事前に話に聞いていたので暗いトンネルも、らせん階段もさして驚かずに山頂へ。 ここの登山道は手すりが完璧に設置されているので本山さんもらくに登ることができた。

帰ってからわけのわからないジュースを2本とコーラとビールを買ってきて飲んだら本山さんがジュースで酔っぱらってしまった。 ジュースだと思ったのはアルコール4%というアルコール飲料だった。 本山さんは眠ってしまったので、一人で走りに出た。 カピオラニ公園をまわって、それから山側へ行き、そしてアロハタワーのスタート地点を確認して帰った。 帰り道はビーチへ出て砂の上を少し走った。

4時半頃ホテルに戻り、シャワーを浴びてから夕食へ。 和食屋にした。 うどんすきを初めて食べた(実は生まれて初めてのうどんすきがホノルルであった)。 食べ方がよく分からないのでウエイターに聞いたら、たどたどしい日本語で説明をしてくれた。 我々はなんて変な日本人なのだろう。


12月 15日(日)曇りのち晴れ

朝2時半、モーニングコールに起こされる。 昨夜は蒸し暑くて寝苦しく、あまり寝た気がしなかった。 たぶん11時半〜2時半の3時間くらいだと思う。 でも大丈夫だと思う。 ホテルからの出発は全員集合までに時間がかかったのだが、スタート地点には余裕で到着し、4時半にはスタンバイOKとなった。
5時半、スタート。 スタート前にともやさんに会った。 ともやさんはホノルルでは初のサブスリーを狙うとのこと。 ともやさんはすーっと先に行ってしまった。 本山さんと僕は5kmを22分30秒台、10kmを46分台と順調な走り出し。 しかし、ワラ(ウオーター)、ゲラレイ(ゲータレード)、ルッキングー、ガンバッテ、とかの声とサービスに、しだいにタイムばかりを気にして走るのがもったいなくなってきた。 暑くて汗がよく出る。 でも給水所がたくさんあって心配は無用。 今回もしっかり立ち止まって飲んだ。 大会の注意書きには「立ち止まらないこと」とあったが、うしろを確認しながらしっかりと立ち止まってしっかりスポンジをとり、水をとり、ゲータレードをとった。 そしてお礼を言ってから出発した。 紙コップやスポンジを路上に散らかして走り行くランナーに不満を覚えた。 回収用の袋やカゴを用意しているのにそこには入れずに落としていく。 国内レースと同じ。 マナーが悪いと思うのは変なのかなー。

実に頻繁に声をかけられる。 追い越していくランナーも追い越されるランナーも、そしてもちろん沿道の方々も。 こっちも大きな声で、そしてポーズで応えた。

ファイナルカウントダウンに入った。 あと3km、あと2kmと近付いてきたら「あと2キロしかない。 あと2キロで終わってしまう。 もったいない」という気分になった。 こんな気分にさせてくれる大会は珍しい。 コース途中もずっとずっとすごい声援だったが、ゴール近くになるとひときわにぎやかになった。 こっちも笑顔で、そして大きな声で応える。

3時間44分19秒、ゴールしてしまった。 完走者一人一人にかけてくれる貝のレイがうれしい。 しかし、なんかちょっと寂しい。 ツアーテントに入ってくつろいで、ホテルに一旦戻ってビデオカメラを持って再びゴール地点へ。 二人ともまだランシャツ・ランパンのまま。 そして貝のレイをかけたままずっと過ごした。 8時間近くまで見ていた。 そして8時間近くかけて走って(歩いて)来るランナーのほとんどが日本人であること。 特にハンディキャップを有するわけでもない人がほとんどだと思った。 ホノルルマラソンには厳しい時間規制がない。 ランナーの自主性に任せているようだ。 しかし、それに甘えている日本人が多いと思った。


12月 16日(月)晴れ

朝5時半に起床。 5時45分〜8時までジョグをした。 まだ暗いカピオラニ公園は人気がない。 あの1万人を越えるランナーとものすごい数のスタッフ・ボランティア・応援の方々はもうここにはいない。 でも走っているうちに明るくなって、出会う人も多くなってきて、7周を楽しく走ることができた。 シャワー・朝食のあとでビーチへ。 久しぶりに海に入った。 本山さんも海は3年ぶりとのこと。 午後はショッピング。 ビーフジャーキーとチョコレートをメインにお土産を買ってきた。 夕食のあとで夕日をビデオカメラで撮った。 この旅もエンディングに近付いている。 ホノルルはいい。 12月のあの寒い東京から来たから特にそう思う。 雨季のはずが滞在中に傘の要るほどの雨は降らなかったし、冬なのにあたたかいホノルルはいい。


12月 17日(火)ホノルル → 12月 18日(水)東京、晴れ

朝4時45分のモーニングコールに起こされる。 今回の旅での不満は寝不足と食事である。 日本食レストランに行けば美味しいのだが、たかい。 ハワイに滞在しようと思ったらある程度の自炊が必要と思う。 今日も朝食バイキングはおかずに不満が多い。 味噌汁がほしい。

JAL075便はかなり遅れて飛び立った(朝9時の予定が9時20分となって、実際の出発はさらに遅れていた)。 でも(日本時間の)18日午後1時過ぎ、無事に成田に到着。 入国手続きは簡単だったのだが、荷物と免税店で買ったものと注文をしたものの出てくるのが遅くて結局2時近くまでかかってしまった。

5時半頃家に帰ってきた。 今日は水曜日。 若草公園へ走りに行った。 みんないた。



 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ