初めての途中撤退
第8回 鶴岡100キロマラソン
(大会は)1991年 9月 8日

・ ・ ・ 富士登山競走の三日後に走った富士登山駅伝競走大会では青梅若草RRCチームが前年のタイムを5分以上短縮する快走。 私自身も5区、7区で前年のタイムを2分短縮する走りができました。 しかし、体力以上の走り(大会の連続)が故障を招いたようで、8月24日に参加した24時間耐久リレー(秋留台公園陸上競技場で開催)では途中撤退でした。 1回目の1600mを走ったところで腰がズシンと重くなって曲がりにくくなりました。 そして時々足腰の力が抜けるようになりました。 毎回走り出しがつらく苦しい走りでした。 12時間くらい経って、どんなにがんばってもやっと6分を切る程度のタイムになってしまい痛みもひどいのでリタイアをしました。 その後6日間は完全休養。 8月31日には40分くらいで5kmを走ることができるところまで回復したのですが、完治にはまだ時間が必要でした。

9月 1日(日)晴れ

まだ腰は完治せず、今日はT村家の引っ越しなのだが痛めている場所が場所だけに断った。 しかたがない。 朝、早起きをして6時から世界陸上の男子マラソンを観戦。 中山選手は途中リタイア、谷口選手が優勝した。 やはりスポーツはやってみなくては分からないものである。 RUN RUN JOURNAL No.294〜296 を書いた。


9月 2日(月)晴れ

腰の具合がかなりいいので昼休みラン開始。 ちょっとつらかったがなんとか走れた。 今回はカーボ制限をやっていない。 体調を良くしていけば良いと思う。 朝、ウオークマンで英会話テープを聞きながら会社へ。 念仏に近い感覚だけど繰り返しやればなんとかなるかも。 昼近くに避難訓練。 暑くて外に整列して待っているのがきつかった。 夜、RUN RUN JOURNAL No.294〜296 をコピーして封筒入れ、投函までやった。 いなげやのコピー機の調子が悪くなっている。 直るまでセブンイレブンにしよう。


9月 3日(火)晴れ

客先へ提供するマシンの立合検査があった。 結果は無条件合格! 準備に苦労した甲斐があった。 昼休みは立合検査メンバーで昼食会。 俺のマラソン談義であっという間に時間が過ぎてしまった。


9月 4日(水)晴れのち曇り時々晴れ

歯科検診があった。 いつものことだが嫌な健診である。 俺は別の歯医者に通っているのだから構わないでほしい。 昼休みに富士見グランドへ。 1本だけ1000mを走ってみた。 3分25秒くらいで走れた。 まだまだだが、ゆっくり走なら問題ない。


9月 5日(木)晴れ

暑い! 昼も夜もすごく暑い。 外ではコオロギたちが鳴いている。 耳が痛いほどの大合唱である。 昼休みは5.7kmコースへ。 体力不足を感じる。


9月 6日(金)晴れ

体調がいまいち。 昨夜の水分摂りすぎが原因かもしれない。 お腹の具合がいまいち。 でも昼休みには左足つけねに違和感を覚えるも5.7kmをちゃんと走れた。 今日は残業になってしまった。 9時過ぎから明日の準備を始めた。


9月 7日(土)晴れ

朝、7時半頃出発。 新潟で駅の外に出てゆっくり食事。 2時15分の特急で鶴岡駅には4時過ぎに到着。 えみさんが吉川屋旅館まで送ってくれた。 今年もかなり豪勢な夕食。 夕食前にA山さんと公園へ散歩に出掛けた。 夜は5人部屋でいびきが気になったがしっかりと眠れた。


9月 8日(日)晴れのち曇り

100キロマラソン。 鶴岡に来たが、走るかどうか迷っていた。 でも痛みが消えてから5日間、痛めてから2週間ということで走ることにした。

朝7時、あたたかいスタッフの方々の声援に送られて76人の100kmチャレンジャーと一緒にスタートした。 2〜3周走って体の様子をみて方針を決める予定だった。 3周までは44〜45分台のラップを刻んでいた。 「今日は走れるぞ」と思った。 しかし4周目からあの腰痛を感じるようになった。 左足のつけねも痛くなってきた。 5周目、立ち止まってしまった。 Dステーションでは座って休憩。 なんとか50kmまで走り、本部からまた出発。 しかし、1km近くまで走ったところで決心した。 止まった。 そして本部まで歩いて引き返し、「ここでやめます」と宣言。 明日からのこと、シュリ・チンモイ24時間ランのこと、そして福知山マラソンとホノルルマラソンの伴走のこと。 トータルで考えて決めたつもりである。

午後からはエイドステーションの手伝いをしてすごした。 Bステーションでは猫の手を模したかたちの名札を作ってくれた。 この名札には『まさとし』と書かれている。

100km走れなかったのは残念だったが、行って良かった。 参加して良かった。


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ