別大一週間前
(第39回別大マラソン大会は)1990年 2月 4日

1990年 1月 27日(土) 晴れ、しかし寒い

午前中はずっと寝ていた。 予定なし、というのもつらいもので(暇ができて楽しいはずなのに・・・)。 布団の中でウツラウツラ・・・、 昼には子供たちが帰ってきて、それぞれに昼食。 子供たちはてんでにクラブ活動や遊びに出掛けて行った。 俺は秋留台へ出発。 今日は電車で行く。 秋川駅から10分ほどで着いた。 4000m+800mジョグ+3000mT.T.で3000mの自己ベストが出た。 9分53分3である。 秋川のTさんに勝った!


1990年 1月 28日(日) 晴れ

長い長い風邪による落ち込みから、やっと立ち直りかけている利和子さんを誘って、青梅マラソンコースを走った。 初春の陽光はあたたかく降りそそいでいるが、やはり青梅街道を上って行くと風の冷たさがきびしい(下は短パンでも大丈夫だったが上はジャージを羽織った)。 利和子さんは折り返しまではスイスイと走っていたのだが、20キロ地点でガス欠。 パン屋さんに駆け込む羽目になる(ここで宮下さんご夫妻にしっかりとパンを買っているところを見られてしまった)。 そのあとは重い足どりで、かなり無口になって、やっと4時間近くかけて30kmを完走した。 やはり『マラソンランナー、練習しなければタダの人』である。 この一ヶ月間の利和子さんのトレーニング内容からすれば当然の結果である。 2月18日の青梅30kmロードに向けて、あと数回のLSDを計画して、なんとか本番では快走をしてほしいものだ。
俺の方は昨日の秋留台トラック練習会での3000m自己記録の再更新の余韻に浸っているので気分はgoodである。 別大に向けて今こわいのは前半の飛ばしすぎによる後半のダウン。 或いは脚の痙攣、そして風邪である。 好調のときほどアクシデントに対する不安が大きくなってくる。 自分にできることは、すべてやった。 あとは運を天にまかせるだけである。 神だのみをしないはずの俺が思わず「我に力を!」と言ってしまう。


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ