4度目のサロマ湖100km(後編)
(大会は)1989年 7月 2日

7月 2日(日)曇りのち晴れ一時小雨

朝、1:30起床。 同室のI田さんに伺ったところ僕はよく寝ていたとのこと。 たぶんよく眠ったのだろう(本人は殆ど寝ていないと思っているのだが、、)。
4:00前、湧別町総合体育館に着いた。 寒い! スタート前にO友さん、K戸さんはじめ、たくさんの人に会った。 チームメイトのS森さん、O武さん、K川さんも元気。

5:00、スタート。 すぐK川さんS森さんが前に出る。 海宝さんがトップに立っていたりしたが、そのうちに落ち着いて柏原さんを中心にしたトップグループが形成され、先に行ってしまった。 10位くらいのところを走っていた。 みんないなくなってさびしかったが、自分のペースを守って走った。 42.195km地点は2時間54分台。 中間点は3時間27分台。 予定より少し速い。 しかし、そのあとペースダウン。 22分/5kmペースになった。 でも、どんどん上から落ちてきた。 そして一人ずつ抜いていって東急リゾートの前では、いつのまにか5位になっていた。 そしてワッカ入り口の手前で一人抜いて4位。 ワッカの行きは、走れども走れども先行のランナーは見えず、どんどん不安になってくる。 柏原さんが独走で折り返してきた。 2番目に井口さんが折り返してきた。 6分差。 3番目に山内さんが3分30秒差。 追った。 このままのペースで行けば追いつけると思って走った。 90km地点を過ぎたところで井口さんが歩いていた。 3位になった。 山内さんを追ったのだが、視界に入ったところで彼も僕の追走に気付いてスパート。 また迫るとまたスパート。 これを繰り返しているうちに、ふくらはぎがコチコチで痙攣の一歩手前状態。 このままペースアップをして勝負するか、それとも安全策でこのままのペースを守って走るか、の選択を迫られた。 そして安全策を選び、3位でゴールした。

7時間17分52秒、自己ベストである。 目標の7時間15分には届かなかったものの、3年連続3位という狙ってもできそうもない結果であった。 正直言ってうれしい。

今年は強豪が多く参加していたので入賞はあきらめていたのだが、また入賞することができた。 やはりスポーツはやってみなくてはわからない。 結果を予想することは無意味なのである。

夜の完走パーティーでは、うれしかった。 また高石ともやさんと一緒に歌った(私に人生と言えるものがあるなら)。 今日は最初から先頭グループのペースに合わせず、自分のペースで走ったのが良かったのだと思う。 今10:40、さぁ寝るぞ。 今日は不安がない。


7月 3日(月)北海道は晴れ、東京は雨

朝、やはり早く目が覚めて、5:00すぎに上下ジャージで外へ。 いつもはTシャツ短パンで汗をかいているのに今年は着込んでも汗が出ない。 今年もW辺さんと一緒に走った。 今年は出発が早くて10:00には東急リゾートを出て女満別空港へ。 11:50のDC9で帰ってきた。 帰宅して夜は外食にした。 みんなで中清(蕎麦屋)へ食べに行った。


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ