4度目のサロマ湖100km(前編)
(大会は)1989年 7月 2日

6月 25日(日)曇りのち晴れのち雨

朝、カロリーメイトを一缶飲んで30km走へ(御岳山ケーブル下往復)、汗が ものすごい。 暑さはさほど感じないのだが汗がすごい。 行きはのんびり、帰りはかなりペースが上がった。 Hさんと久しぶりにすれ違った。 「がんばれよ」と言っていた。 D海さんとも久しぶり。 K川さんとK藤さんとは立ち話をしたりで時間を食い、3時間ほどかかった。 そして、あわててシャワーを浴びて鷺ノ宮へ。 自治協幹事会のあと新宿でゲータロード280とタックシールと瀬古選手の本を買ってきた。


6月 26日(月)晴れ

昨夜は1:00ごろ目が覚めてトイレへ、昨日の牛乳か卵かその他のものか、なにか あたったようである(それとも風邪気味のせいか?)。 いずれにしても今朝は下痢。 お腹の具合が良くない。 今日からカーボ制限開始。 砂糖はコーヒー2杯のみ。 昼休みは7kmコースへ。 お腹の不具合がウソみたいに走れた。 足がグングン前に出る。 夜、RUN RUN JOURNALの原稿を書いた。


6月 27日(火)晴れのち雨

下痢は治った。 昨夜はビールを2本飲んだが、体調は上向いている。 たぶんあの下痢は冷たい牛乳の一気飲みが原因だと思う。 昼休みはまた7kmコースをグイグイとばしたが、ラスト近くでI丸君との競り合いになった。 I丸君はやはりスピードがあるようだ。 T村さんもO武さんもついてくることができなかった。 調子はいい! 夜、RUN RUN JOURNAL26号の原紙作成。


6月 28日(水)雨

昼休みは大雨の中を5.7km、びしょぬれ。 午後、フレックスタイムを活用して3:15で帰って不在者投票をしてきた。 行き先とか用件とかを書かされて不愉快だった。 夜は若草公園で10周ジョグ、O武さんだけ来ていた。 彼に向かって かなりしゃべりまくった。 やはり今、不安なのだと思う。


6月 29日(木)晴れ

昼休み、5.7kmを21分35秒、まあまあである。 100kmにはこれ以上のスピード不要。 平常心+ファイトが肝心である。 これは4回目ともなると大丈夫。 勝つ喜びも、負ける(勝てない)くやしさも十分に知っている。 今日から食べ始めた。 順調である。 ゲータロード280×3杯。 鶴岡の菊地さんから100キロジャーナルと、100キロマラソン実行委員の委嘱状が届いた。 「喜んで引き受けます」と返事を書くつもりである。


6月 30日(金)晴れ

昼休み、5.7kmを21分00秒、まあまあの仕上がり。 ちょっとお腹の具合がおかしい。 食べ過ぎか? まぁ下痢までは行っていないので良しとしよう。 不安な気分はあるが去年や一昨年に比べればかなりましである。 しかし、悪く言えば緊張感が無い。 力を出し切らないと後悔が残る。 それはいやだ。 宮下さんが「昨夜焼いた」と手作りクッキーをくれた。 うれしい。


7月 1日(土)小雨

朝、いつもの時間に起床。 子供たちも今日は朝練がないらしく、まだ出掛けない。 7:30頃家を出て、7:45の東京行きで出発。 羽田には10時10分前ぐらいに着いた。 佐賀のY口さん、大阪の人たち、O智君、、いろんな人に会った。 霧が出て心配だったがDC9は無事に女満別空港に着陸。 寒い、小雨が降っていて、すごく寒い。 受付会場の常呂町民センターで新谷さんに会うことができた。 新谷さんはSB食品の選手のことをいっぱい話してくれた。 フジテレビの黒沢さんにも会った。 またテレビカメラをまわしていた。 照れる。 夜、新谷さんが北海シマエビを持ってホテルに来てくれた。 下条編集長と橋本社長も一緒である。 すごくうれしい。
さぁ今日は眠れるか、、 結果は考えるまい。 要は自分のペースで走れば良いのだ。


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ