3度目の別大毎日マラソン(後編)
(大会は)1988年 2月 7日

1988年 2月 7日(日)晴れ

ゆうべは11:00ごろ眠った。 途中3:00ごろ目が覚めてトイレへ。 外はすごい風、突風である。 毛布をかけなおしてまた眠る。 7:00まで一気に眠った。 よく眠れた。

朝食は、ごはん一杯とみそ汁とサバの切り身、そしてお新香と海苔。 生卵はいつものように食べずに残した。 ゲータロード280×2杯、農協ピーチジュースを飲んで8:30ごろに出発。 大分の競技場へは9:00ごろ着いた。

まずスペシャルドリンクを届け、胸のオッパイに絆創膏を貼り、ランパンと股と足の指に石鹸を塗る。 そして寒いので腿と脛にタプソール8を塗った。 10:30〜11:00にかけてパインジュースとグレープジュースとリポビタンDとビタミンCを飲んだ。 寒い!! 11:00の気温4℃。 11:30で4.5℃、風速5m、そしてときどき突風。 アップはいつもより少なめにした。 寒いのでスタート地点には5分前に行った。

12:00 スタート。 「よし、行くぞ!」と大きな声でどなって走り出す。 前後左右の人とぶつかりながら無事に競技場を出た。 ペースはあまり上がらない。 みんなどんどん先に行く。 しかし、無理をせず、マイペース、マイペースと言い聞かせて走る。 右脚が重い。 しびれる感じ。 靴ひもを強く締めすぎたようだ。 でも手遅れ。 足指を靴の中で動かすようにして走る。

5キロ、18分38秒。 予定よりちょっと遅い。 10キロまでの道では5分遅れでスタートしたハーフマラソンの部の選手がどんどん後ろから来て追い抜いていく。 こっちもひっぱられてペースが上がり、10キロは36分59秒で通過。 予定通りのペースになった。 

15キロ、55分40秒。 いいペース。 向かい風の中、なるべく集団の中にいるようにして走る。 15キロ地点のスペシャルはすぐ見つかった。
元気が出る。

20キロ、1時間14分10秒、good! 前回よりも1分近くいい。 中間点、1時間18分10秒、good! さあこれからペースを落とさずにどこまで行けるかである。 ここですごく体も脚も楽になった。 ランニングハイに近い。 追い風のせいかもしれない。 脚がスムースに前に出る。 呼吸もつらくない。 20〜25キロを18分20秒で走り、25キロは1時間32分30秒。 スペシャルが突風で倒れていて見つからずウロウロ。 ロスタイムがずいぶんあったと思う。 でも25〜30キロは18分40秒で走り、30キロは1時間51分10秒。 30キロの関門(1時間55分以内)は無事クリアー。 このあとのタイムはあまり自信がない(記憶が定かでない)。 

35キロは2時間10分10秒。 あと5キロ地点では2時間19分だったと思う。 ここで念願の2時間40分は切れる! と思った。 あと5キロを21分で走ることはできると思った。 あと4キロ、あと3キロと気が遠くなるほど長く感じた。 40キロ地点は2時間29分30秒。
かろうじて19分台のペースは守っている。 

あと2キロで脚が言うことをきかない。 腕まで逆らってうまく動いてくれない。 あとは無茶苦茶な走りだったと思う。 競技場のゲートをくぐって、あと500mというとき「夢の30分台だぞー」と叫びたくなった。 ゴールまでのトラック一周は夢の中だった。 でもゴールでは時計をしっかりと止める余裕があった。 今年は脚も攣らなかった。 2時間38分18秒だった。

(記 : 帰路、寝台特急富士の寝台にて)


1988年 2月 8日(月)晴れ

昨夜はあまり眠れなかった。 やはり身体の興奮状態が邪魔をしているようだ。 大分でサッカーの指導をしている学校の先生と、鶴見走友会のランナーと、受験生と一緒になった。 この受験生にはコーヒーをおごってもらった。 午前10:00、寝台特急富士は東京駅に着いた。 帰って荷物をかたづけて、利和子さんと走りに行った。
ちょっとだけのつもりが瑞穂町で道に迷い、1時間30分も走ってしまった。


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ