'86サロマ湖100kmマラソンを走って
1986年 9月14日

9時間を切ることを一つの目標として参加したのだが、すごいタイムに本人もびっくりしている(7時間49分17秒、このタイムは、青梅マラソン30kmを2時間21分、10kmを47分で走るペース)。

朝4:30スタート(スタート少し前に水だけ飲む)。
いきなりダッシュして行った人たちがいたが、無視してマイペースで走る。
走っていたら、すぐY山さん(徳島県の人)と一緒になった。 二人で「前の人たちはきっとへばるよ」と言いながら、5kmを23分のペースで走っていった。 10kmは46分、いいペース。 後ろからH井さん(61歳)が追いついてきて、俺が給水所(10km地点)でジュースを飲んでいるときに抜いていった。 少しずつつめて、また追いついて、そのまま3人で40km地点まで一緒に走った(給水、給食は10kmごとに確実にとった。 Y山さんとH井さんは、走りながらとっていた)。

40kmを過ぎてから、ちょっとペースを上げた(なるようになるさ、という気分でちょっと冒険をした)。 二人とも離れ、一人で走り始めた。 札幌走ろう会の人(Y田さんだと思う)を抜いた。 

50km地点は3時間48分くらいだったと思う(よく覚えていない)。 50km地点では、置いておいたポッカレモンティーとブドウの100%ジュースをしっかり飲んで、水もコップ一杯しっかり飲んだ。
その後、ワッカの入り口までは、まったく一人。 前にも後ろにも誰もいない。 このときには道に迷ったのではないかと、すごく不安になった。 ワッカの入り口で、道端から応援をしていた人が「トップとは12分差」と教えてくれた。
ワッカの折り返し前(65km地点の手前)でトップとすれちがった。 折り返し地点までの所要時間×2倍で差が8分であることが分かって、うれしくなった。

70km地点の給水所の人たちに「足どりが全然違うよ」と言われて、ますます張り切った。 70km地点では、サロメチールのような塗り薬を右脚に塗った(脚がつりそうだった)。 ワッカの出口近くで、さっきの人たちが「もうすぐ前に1位がいるよ」と言ってくれた。
75km地点を過ぎて、ゴールの常呂町民センターを右に見て通過。 ここでついに目の前にトップ(K戸さん)が見えた。 一気に抜いた。 先導のオートバイが前にいる。 気分はいい。 あとは、ただがんばっただけ。 しかし、最後の20kmは、つらくてつらくて、脚はつるし、気力は無くなって、後方だけが気になって、、、、 特に砂利道が、本当にきつかった。 ラスト近くになって、給水所ではみんなが励ましてくれるし、ランナーズの下条編集長と橋本社長がところどころで待っていてくれて、ウーロン茶やポカリスエットを渡して励ましてくれた。 大感激。 うれしくて力が湧いてきて助けられた。
ジュースをじゃんじゃん、水もどんどん飲んだ。 サロメチールも塗った。

ラスト近くでは25〜26分/5kmのペースに落ちたが、ゴールは7時間台、すごいタイムであった。 ゴールテープをガッツポーズで切ったあと、橋本さんは水をかけてくれるし、下条さんはインタビューをしてくれた。
さらに、NHK、朝日新聞社、北海道新聞社とインタビュー。 うれしい。

よかったこと
  1.下痢を起こさずに食いだめをしたこと(ゲータロード280と
    ザバスデキタブの両方を半々に使ったのも良かった)。
  2.5時間以上のLSDを主にした練習。
  3.先頭集団を無視してマイペースで走ったこと。
  4.途中から先頭を意識的に追いかけたこと。
  5.履き慣らしたシューズ(ナイキ、テラトレーナー)を使ったこと。
  6.給水所では立ち止まって、しっかり給水をしたこと。

夜、完走パーティで、「サロマ湖の自然と天気と役員の皆さんに感謝!」という主旨の挨拶をした。 ホテルに帰ってから、部屋に9人ほど集まって「二次会」をした。 楽しい人たちと知り合うことができた。

( 記 : 1986年 9月26日、夜 )



 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ