2度目の別大毎日マラソン(後編)
1986年 2月 2日

1986年 2月 2日(日)晴れ
朝、6時ごろ目が覚めた。 7時ごろまでベッドの上でゴロゴロしていて7時半ごろ朝食。 ごはん2杯に みそ汁と海苔、タマゴは食べなかった。 トイレの出はいい。 体調は悪くない。 朝食のとき、福生のSさんに会った。 同じホテルだった。 一緒に行くことにして自分の部屋に戻り、スペシャルを容器に入れる。 うまく入らなくて苦労するが必ずしも一杯入れることはない。 八分目程入っていれば足りる(16キロ地点:ポカリスエット、26キロ地点:ガス抜きコーラ、36キロレモンティー)。 コーラは昨夜あけておいたのだが、まだどんどん炭酸が出てくる(ゆうべもっと振っておく必要があった)。

9時前にホテルを出て、大分市営陸上競技場には9時45分ごろ着いた(別府→大分は電車、大分→競技場はバス)。 なつかしい。 この全天候のきれいなトラックは、ウキウキしてくる。 2年前を思い出す。 すぐスペシャルドリンクを届け、完走証郵送用ハガキを届け、石鹸を足指の間に塗り、タプソールを脚の前後と膝に塗る。 パインジュースとリポビタンDを1本、ハイシーSを2粒飲んだ。 トイレには2回行ったが出が悪い(もう出す必要がないと判断)。

更衣室の前を佐々木監督と浅井えり子さんが通った。 通路のスミのハードルが置いてあるあたりにいて佐々木監督がトイレに行ったときにサインをお願いした(参加賞のバッグに)。 「フェルトペンを持っています」と言って差し出したら、書いていただくことができた。 「監督のも欲しいんだけど」と言ったら、浅井さんが「監督は今日走るから・・・、終わってからの方がいいんじゃないかなぁ」と言っていたので断念。
昨日の開会式のときには宗猛さんが来ていたのに、なにも持っていなかったのでサインをもらうことができなくてガックリ。 それで今日は、しっかり準備をしていた。 大成功である。 ・・・しかし、こんなことができるほど今日は余裕があったのだとも思う。

ウオーミングアップ走をしているとき、佐々木監督の方法がおもしろかった。 100mダッシュと100mジョグを、ずっと繰り返していた。 特にダッシュをしたあと手をダランと下げてブラブラ走りをするのがおもしろい。

12時1分スタート。 すぐ前で二人のランナーが転んだので、ちょっと遠回りをした。 あぶないあぶない。 トラックの中では佐々木監督のすぐ後ろを走っていたのだが、競技場を出たあたりからジリジリと離され置いて行かれた。

ソーティUL130を履いて走ったのだが軽い! 足が軽い。 5kmは18分38秒、いいペース。 時差スタートをしたハーフマラソンマラソンの若い選手がどんどん抜いて行く。 これに引きずられてペースは上がり10kmは37分12秒、goodである。 15kmは55分50秒、ペースは まったく落ちていない。 ここでスペシャルを とろうとして見つけるのにちょっと時間がかかり、ロスタイム。 集団から離されて一人になってしまった。
IK本さんが突然「たんだい」と叫んだのはこの辺りだったと思う(彼は、同じ会社で働いていた仲間で、今は下関市在住)。 IK本さんは折り返してからも、そして、大分の舞鶴橋でも大声で応援をしてくれた。うれしい。

中間点は1時間19分、goodである。 前回より1分速い。 しかし、この辺りからペースが落ち始め、19分10秒台/5kmになっていた。 25kmは1時間34分。 この辺りから足の裏にひっぱたかれたような感覚を感じ、また、右脚太股裏に痙攣の兆候があった。 でも、なんとかがんばって、30kmを1時間53分12秒で通過。 2時間40分の壁は微妙になってきた。

35kmを2時間12分で通過すればなんとかなると思って走ったが、30秒オーバー。 あと5kmの地点で残り時間が19分しか無かったので、ここで冒険をするか、確実に自己ベストでの完走を狙うかの選択を迫られたが、後者を選んで、スパートは特にせずに走った。 競技場に入る手前で武富選手(神戸製鋼)を見た。 歩いていた。 トラックに入って第3コーナーを回ってあと150mくらいのところで2時間40分を表示する大時計が見えた。 あ〜あ である。 しかし、めげている場合ではない。 後ろからスパートしてくる足音が聞こえたので、こっちもスパートして逃げ切った。 ついでに一人抜くことができた。
2時間40分29秒、173位。
ゴールしたとたんに両足が痙攣してガクガクになった。 終わった


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ