2度目の別大毎日マラソン(前編)
(大会は)1986年 2月 2日

1986年 1月31日(金)曇り
朝7:15起床。 子供たちと一緒に朝食。 ごはん2杯+みそ汁+とろろこんぶ。 ごろごろしていて(テレビを見たりウツラウツラしたり)、11時頃から12.5kジョグ。 今日はあまり調子良くない。 疲れを感じる(1時間10分以上)。 昼食はスシ+野菜ジュース+リンゴジュース。 そして行く前に利八(蕎麦屋)に寄って、ちからうどんを食べた。 東京駅でスパゲティーナポリタン+ビール、そして車中(食堂車)で焼肉定食+ビール。

寝台特急富士号は定刻通り(夕方6:05)に東京駅を発車。 今、富士号13号車12番下段で、家から持ってきたサツマイモとアーモンドチョコを食べている。 食べるのは十分にできたと思う。
今、7:45 P.M. さて、何時に眠るか ・ ・ ・


1986年 2月 1日(土)晴れ
7:30起床(6:00頃からウツラウツラ、今回は夜中にずいぶん目が覚めた)。 7:40食堂車で朝食(パン、ハムエッグ、コーヒー、ジュース)タマゴが2個分あった(多い)。 寝台車で阿南さんという竹田の青年と知り合った。 農業について、よくしゃべった。

富士号は予定通り午前11:08に別府に着いた。 まずホテルニューハヤシへチェックイン(711号室)。 荷物を置いて公民館へ、場所と名簿のゼッケン番号をたしかめて(334番)前にも行った駅前のうどんやへ(なべやきうどんを食べる。餅も入ったすごくおいしいうどんである)。 ゼッケン番号をたしかめるときは、すごく不安で、入学試験の合格者名簿を見ているような気分。 名前をたしかめて安心した。

健康診断をして、ゼッケンを受け取り、開会式に参加。 宗猛さんが谷口選手の代理で来ていた。 ホテルはまったくの個室なので good である。 だれにも気をつかわなくていい。 夕食は近鉄レストランで5:30頃(中華食)。 肉が多いのには閉口したが、ごはんを2皿おかわりした。

8:00頃、また外へ食べに行って、ちからそばを食べた。 今日も実によく食べた(4食+サツマイモ+ヨウカン+チョコ+ジュース)。
お土産を買い、スペシャルのボトルにゼッケン番号を書いて、スペシャルの内容リストを書き、成績通知用ハガキを書いて(切手を買ってきて貼り)、ああいそがしい。


 
走りで綴る自分史 目録へ

ホームページへ